空気を吸い出して保存するワインセーバーの原理

先週に引き続き、ワインの保存についてお話しを....さて、ボトル内の空気をポンプで吸い出し真空にする事で、開けたての新鮮な風味を長持ち(酸化防止)させる、人気アイテムのひとつと言えば「ワインセーバー」ですね。

ある本によりますと、昔の人は「抜いたコルクにマッチを差込み、火をつけてから栓をする事で、ビン内の酸素を燃やしてワインの酸化を防ぎ、ワイン長持ちさせていた」と書かれていました。

早速、この方法を試したみたんですが、ボトルの中で火が消えた後、煙のみが飲み残しワインの表面に降りて「煙のフタ」を作ったんです。この状態でコルクをして、数日置いた後に、コルクを引き上げるようとした際、かなり抵抗があったので、酸化防止になっていたんでしょうね。

コルクを抜いた時に煙の強い香りがして、ワインに臭いが移ってしまうのでは?と心配をしたんですが、グラスに注げば全然気になりませんでした。勇気ある方は試してみて下さいね。
※なおこの件に関してワインに問題が起こっても、責任は一切負いかねますので予めご了承下さい。

ボトル内の空気を吸い出し、真空状態にするワインセーバーで最も重要となる部分がストッパー栓なんです。せっかく空気を吸い出して真空状態にしても、ストッパーから空気が入り込んでワインが酸化していては意味がありません。
 
ほとんどのワインセーバーは、ストッパー栓を保存したいワインに差し込み(中には栓とポンプが一体になった製品もあります)、ポンプで空気を吸い出す機能となっていますが、真空側にストッパーが引き寄せられいるので、再び開封する際には非常に栓が抜きにくい欠点を持っています。

そこで各社、「空気を抜きやすく」「開封しやすい」方法を研究しているのですが、単純にゴムに切れ目を入れただけのタイプや、ゴムの弁が付いているタイプでは長期使用しているうちにゴムが劣化してしまい、空気が流れ込んでせっかくのワインが酸化していた...tという事もあるようです。

そこで改良されたストッパーとして、中心部にプラステック製の空気弁を設け、ゴムの劣化による空気漏れを防ぐようにしました。中心のプラスチック弁は、真空側に引っぱられる原理をうまく利用した形状となっており、空気を吸い出す時は浮き上がり、真空状態ではしっかりと栓をする構造となっています。

また再び開封する際は、プラスチック弁を横に倒すことで「シュッ」と音がして空気が入り込み、簡単に抜けるようになるのです。

手動式のワイン保存器は多種多様ありますが、基本どれもこの原理で作られているので、手動式のワイン保存器は自分の好きなタイプ(デザイン)のものを使用する事をお薦めしています。

ホームページ | facebook
ワインコルクが簡単に抜けたり、一瞬でワインがまろやかになったり、ワインが美味しく感じるグラスがあったら良いと思いませんか? ワインをより深く知るために、ワインアクセサリーを学んでいきましょう♪

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.