話題のGINZA SIX内に登場!エノテカ最大のフロア占有面積を誇る「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」

2017年4月20日に東京・銀座にオープンした銀座エリア最大規模の大型複合施設GINZA SIX内に、エノテカ最大のフロア占有面積を誇る「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」がオープンしました。

GINZA SIXは松坂屋銀座店の跡地を再開発したもので、241のブランドショップや文化施設やオフィスなどで構成されています。今回はこのGINZA SIXの地下2階にオープンしたエノテカの GINZA SIX店をご紹介します。

1600種類以上のラインナップ

銀座という立地から、高いワインばかりが並んでいると想像されるかもしれませんが、1,000円代のワインも数多く揃えています。ワインショップのエントランスには、約50種類のロゼワインが陳列されています。これだけの種類のロゼワインを見たのは初めてでした。

エノテカの定番ともいうべく、10本セット(1万円)や、2,000~6,000円のミドルクラスのワインは、世界最先端のトレンドを反映したバラエティ豊かなラインナップを取り揃えていました。

他にも1万以上のワインは、ボルドーやブルゴーニュ、イタリアの名門ワイナリーから直接買い付けた限定ワイン、ビッグフォーマット(6L/ボトル、9L/ボトル)も充実しています。

店内の奥には、ウォークイン・セラーになっていて、ヴィンテージワインを約800種類取り揃えています。

中でも、10,000,000円(32本セット)や5,000,000円するワインが売られていましたが、すでに売約済みでした。

充実のアートコーナーとバーコーナー

入口から店内に至るアートコーナーには、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社がエノテカ GINZA SIX店のために用意した、ピカソ、アンディ・ウォーホル、キース・へリング、リ・ウーファンといった、これまでシャトー・ムートン・ロスチャイルドに、作品を提供した世界的に著名なアーティストのリトグラフが展示されていました。

また、カフェ&バーコーナーでは、500円から楽しめるグラスワインが10種類以上用意されています。ランチメニューは800円からグラスワインとパンとスープ、フランスの高級バター「ボルディエ」を楽しむことができます。他にはシャルキュトリがセットになったメニュー(1,300円~)もあり、共に限定10セットの販売となります。※800円のメニューは限定20セット

圧巻!100種類以上のソムリエナイフ

ワイングッズも充実しています。ソムリエナイフはシャトーラギオールをはじめ、ドファン、プルタップス、ドゥルックなど、その数はなんと100種類以上を取り揃えています。初心者向けのソムリエナイフからマニア向けまで、ワイン専門店でも類を見ない充実のラインナップです。

こちらは、シャトー・ムーロン・ロートシルトのラベルのデザインが施されたポストカードです。他にもワイングラスやワインセーバーはもちろん、シェリー専用器材、シャンパンサーベルなど、プロ御用達の商品も常備していました。

まとめ

アートコーナーやロゼワイン、スパークリングワインコーナー、ソムリエナイフのディスプレイは、「写真に撮りたくなる」、「見るだけで楽しい」、ワインショップになっており、ワインに関する様々な情報をはじめ、新しい発見もできるお店でした。

 

 

店舗概要

ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下2階

営業時間 10:00 - 20:30

カフェ&バー

座席数 カウンター7席、ボックス、ソファ21席

ランチ 800円~

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.