初心者でも簡単!ワインの余韻を確認する4つのポイント

「終わり良ければすべて良し」という言葉が、ワインの世界でもあるのをご存知ですか?
そう、ワインの世界でも「余韻」と言って、ワインを飲んだあとに感じる後口や香りで、そのワインの価値が決まることがあります。

テレビや雑誌などで、ソムリエの方がワインを表現する際に「余韻」という言葉を使っているシーンを見たことがあると思いますよね?

ワインを飲んだあと、口の中でしっかりと余韻が感じられれば、記憶にも残りやすいのではないでしょうか…しかし、ワイン初心者の方が、いきなり「余韻」で何をチェックすればいいのか分からないという方もいると思います。

そこで、余韻を感じるときのチェックポイントをご紹介!これで、あなたも少~しだけ、ソムリエさんに近づけるかも!

1.強さ


ワインを飲み終わったあと、口の中に残る香りや、味わいの強さ、濃縮度などをチェックして下さい。

2.長さ


ワインを飲み終わったあと、香りや味わいが持続する長さをチェックして下さい。最も手っ取り早い方法は、ワインを飲み干した後、香りや味わいが消えるところまでカウントして、他のワインと比較してみると非常に分かりやすいと思います。

3.香り


ワインを飲み終わったあと、口の中から鼻腔に抜ける香りをチェックして下さい。飲み終わったあとに感じる香りもあるので、ここで新しい発見がある事も!

4.味わい


ワインが飲み終わったあと、口の中に残る味わいをチェックして下さい。簡単にいえば、甘味だったり渋味、苦味です。酸味は他の要素を打ち消してしまうので、余韻が短くなります。(これをキレがよいと言います。)

まとめ


以上の4項目をワインを飲んだあとにチェックしてみるといいでしょう。

これら4つの項目が長く感じたり、短く感じることによって、ワインの正体を知る事が出来ます。例えば、ワインの余韻が長いと、渋味や苦味が強いワインだったりします。渋味や苦味は他の要素を打ち消すほど存在感を示します。

このように、味わいの要素でもっとも重要だと思うのは余韻と言っても、過言ではありません。香りや味わいの要素は、飲み終わったあとの余韻に集約されているとも言えます。

今後ワインを飲むときには、ぜひ「ワインの余韻」を感じてみて下さい。

TAGS

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.