初心者でも簡単!ワインの余韻を確認する4つのポイント

「終わり良ければすべて良し」という言葉が、ワインの世界でもあるのをご存知ですか?
そう、ワインの世界でも「余韻」と言って、ワインを飲んだあとに感じる後口や香りで、そのワインの価値が決まることがあります。

テレビや雑誌などで、ソムリエの方がワインを表現する際に「余韻」という言葉を使っているシーンを見たことがあると思いますよね?

ワインを飲んだあと、口の中でしっかりと余韻が感じられれば、記憶にも残りやすいのではないでしょうか…しかし、ワイン初心者の方が、いきなり「余韻」で何をチェックすればいいのか分からないという方もいると思います。

そこで、余韻を感じるときのチェックポイントをご紹介!これで、あなたも少~しだけ、ソムリエさんに近づけるかも!

1.強さ


ワインを飲み終わったあと、口の中に残る香りや、味わいの強さ、濃縮度などをチェックして下さい。

2.長さ


ワインを飲み終わったあと、香りや味わいが持続する長さをチェックして下さい。最も手っ取り早い方法は、ワインを飲み干した後、香りや味わいが消えるところまでカウントして、他のワインと比較してみると非常に分かりやすいと思います。

3.香り


ワインを飲み終わったあと、口の中から鼻腔に抜ける香りをチェックして下さい。飲み終わったあとに感じる香りもあるので、ここで新しい発見がある事も!

4.味わい


ワインが飲み終わったあと、口の中に残る味わいをチェックして下さい。簡単にいえば、甘味だったり渋味、苦味です。酸味は他の要素を打ち消してしまうので、余韻が短くなります。(これをキレがよいと言います。)

まとめ


以上の4項目をワインを飲んだあとにチェックしてみるといいでしょう。

これら4つの項目が長く感じたり、短く感じることによって、ワインの正体を知る事が出来ます。例えば、ワインの余韻が長いと、渋味や苦味が強いワインだったりします。渋味や苦味は他の要素を打ち消すほど存在感を示します。

このように、味わいの要素でもっとも重要だと思うのは余韻と言っても、過言ではありません。香りや味わいの要素は、飲み終わったあとの余韻に集約されているとも言えます。

今後ワインを飲むときには、ぜひ「ワインの余韻」を感じてみて下さい。

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.