【厳選】家ワインおすすめチーズレシピ7選!

ワインとチーズは切っても切れない関係。ワインを飲む時にさっと用意できるチーズレシピのレパートリーがあると家飲みがより充実します。今回は家ワインがおすすめするこれからの季節にぴったりのチーズレシピを選んでみました! 

火を使わないチーズレシピ

 暑くなるこれからの季節、火を使わず出来ちゃうおつまみが重宝します。でもただのチーズだけではなく、ちょっとひと手間加えるだけでよりワインとの相性も良くなるんですよね。まずは仕込んでおくと便利!な、オイル漬けのご紹介です☆

瓶に入れるだけで簡単に作れる「チーズのオイル漬け」

 そのまま食べるだけではなく調味料としても使えるので、バケットに乗せたり、パスタに絡めたりして飽きずに楽しむことが出来ますね。また漬けるチーズによって全然違うテイストに。合わせるハーブでも変わるので、いろんな味が楽しめそうですね!

レシピはこちら

そして、お次は、これからの季節にぴったりなさわやかな柑橘系フルーツを合わせたこちら。

 簡単でオシャレ!モッツアレラとフルーツの前菜「ミカンのカプレーゼ」

 

 本家のトマトを合わせたカプレーゼもいいですが、フルーツを使ったお料理って、なんだかおしゃれですよね。ホームパーティにもおすすめ!これからの季節なら、桃もいいですし、秋には柿を。季節ごとに楽しめる1品です。

レシピはこちら

 ▼フルーツを使ったお料理はこんなものもありますよ☆

お肉をさっぱりとアレンジ!鶏モモ肉と甘夏

 ▼柿バージョンはコチラ

秋の旬果物を使ってアレンジ!柿モッツァレラ

夏のおつまみの大定番といえば、枝豆です。そんな枝豆をワインに合うおつまみにアレンジ!

クセになる簡単おつまみ!枝豆ガーリックチーズ

 コンビニに売っている出来上がった枝豆や冷凍の枝豆を使えば、火いらずです!枝豆ガーリックチーズはよく冷えたスパークリングワイン、白ワイン、ロゼワイン、軽い赤ワインにもよく合います。合わせる調味料によってまた違うテイストも楽しめますよ!

レシピはこちら

▼枝豆を使った人気レシピはコチラ

アレンジを加えてワインやビールのおつまみに!枝豆ペペロンチーノの作り方

香ばしいカリカリチーズも火を使わず作れちゃいます。そうです、あの文明の利器を使いましょう☆

スライスチーズを使った超簡単おつまみ!やみつきカリカリチーズの作り方

 レシピではおもしろいトッピングしていますよね☆トッピングをいろいろ変えて楽しんでみてください! 

レシピはこちら

やっぱりチーズはとろけてナンボ?

 チーズといえば、あのとろーっととろけた感じがまたたまらないですよね!ではとろけるシリーズをご紹介します!

油揚げで作る簡単絶品おつまみ!とろりチーズの巾着焼き

こちらはもち巾着のチーズバージョンといったところでしょうか。香ばしい油揚げからカマンベールチーズがとろけてきます!合わせる具材をアレンジしてもおいしいそうですね。

 先ほどは外はパリパリ中はとろーりでしたが、こちらは外はサクサク中とろーりです。 

レシピはこちら

もちもち食感!春巻きの皮を使ったチーズとオリーブのサクサクパイ

春巻きの皮を使ったおつまみは結構人気なので、冷蔵庫に常備しておくといいかもしれません。

 レシピはこちら

▼同じ春巻きの皮を使ったレシピはコチラ

大人気メニューをご家庭で!鶏肉のゴルゴンゾーラ春巻き

▼餃子の皮バージョンのおつまみレシピはコチラ

餃子の皮を使ってワインのおつまみにアレンジ!クルミ味噌チーズのクリスピー餃子

餃子の皮で作る!「リンゴとブルーチーズのひとくちクリスピー」

最後はとろけさせて食感を変えた焼きチーズのご紹介です。  

とっても簡単!モッツアレラやさけるチーズで作る「おつまみ焼きチーズ」 

手順は切る→焼くの2工程のみのシンプルレシピ!でもそのまま食べるのとは全然違う食感、味が楽しめますよ!さけるチーズに至っては、「さく」だけで包丁いらず♡

レシピはこちら

以上、家ワイン厳選のチーズレシピでした。いかがでしたか?これからの季節に向けてチョイスしてみました。

どれも気軽にTRY出来るものばかりなので、さっそく作ってみてくださいね。

家ワインではレシピだけではなくチーズの豆知識コラムも充実しています。ぜひ、ワインのよき相棒、チーズについて学んでみてください。

「チーズのまとめ」

ワインと同じく種類も多く、選ぶのに迷うことが多いチーズ。 このまとめでは、チーズの種類と味や特徴・保存方法、楽しみ方などの知識とともに、ワインとのおすすめマリアージュも合わせてご紹介いたします。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.