美味しく飲むために!デキャンタージュの大切な役目を知っていますか?

今回は「Decanter」について、ご紹介したいと思います。

「Decanter」には様々な発音があります。「デキャンター」「デキャンタ」「デカンタ」「デカンター」などなど…人それぞれで発音が違うので、少しややこしいですね。

ちなみに私が持っている英語辞書には「デカンター」と掲載されていますが、ワインをボトルから別の容器に移す行為を「デキャンタージュ」と呼ぶので、弊社ではデキャンタと呼んでいます。

デキャンタと言えばワインを入れておくガラス製の容器を連想される方が多いと思いますが、そもそもの意味は「不純物を沈澱させて上澄みを移し取る。本質を取り出す。」という意味なんです。そして、水やワイン等の飲み物を入れておく ガラス製の容器は「カラフェ」と呼びます。

ですので、正確にはデキャンタージュで使用するカラフェ(容器)の事を「デキャンタ」と呼ぶようです。

このデキャンタージュには主に2つの目的がありまして、1つはその名の通り不純物の上澄みを移し取ること、もう1つはワインの味をマイルドに、香りを際立たせることです。

それぞれの目的によってデキャンタの形状が異なるのですが、通常オールドヴィンテージ(老いた)ワインには縦長の形状を、若いワインには底が広い形状のデキャンタを使用します。

では何故、オールド・ヴィンテージには、細長いデキャンタを使用するのでしょうか?
それは、ワインに含まれる不純物と、ワインの熟成期間に深い関係があるのですが、その説明をするとちょっと話が長くなりますので、またの機会に!!

ホームページ | facebook
ワインコルクが簡単に抜けたり、一瞬でワインがまろやかになったり、ワインが美味しく感じるグラスがあったら良いと思いませんか? ワインをより深く知るために、ワインアクセサリーを学んでいきましょう♪

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.