ヴィンテージワインをデキャンタに移すには?

みなさんはボトルの底に搾りカスが溜まったオレンジジュースや野菜ジュースは気になりますか?ドロドロした濃い味が好きな私は、ボトルを振って飲んじゃいます。

ワインの底に溜まった澱(おり)でも、葡萄の果肉や果皮のカスだったり、苦味成分(タンニン)が分子化されたものだったりしますので、多少の澱でしたらシャッフルすれば問題ありません。もちろん、それは邪道言う方が殆どだと思いますが...笑

ただ澱の多いオールド・ヴィンテージの場合は、せっかく長い時間をかけて澄んだ色や、繊細な風味になったワインを、澱により濁ってしまったり、口に含むとザラザラとして舌触りが悪くなる場合がありますので、デキャンタに移し替え澱を取り除く作業「デキャンタージュ」が必要なのです。

ですが、長い熟成期間を経て既に飲み頃になったワインは、思いっきり空気に触れてしまうと一瞬にして酸化が行きすぎてしまうため、空気に触れる面積の少ない縦長&フタ付きのデキャンタがお勧めなのです。またワインが縦長に入ることで、底に沈んだ澱と上澄との距離が長くなり、より澄んだ上澄みを楽しむ事が出来るのです。

では、実際に澱の多いワインをデキャンタージュしてみましょう。用意するのは、フタ付きの縦長デキャンタと、澱を沈めるために2~3日前から立てておいたワイン、そしてボトルのネック部分を明るく照らし澱を見やすくするキャンドルまたはライトです。

レストランでは大抵キャンドルを使用するのですが、簡単に自宅で行うのでしたらキャンプ用のヘッドライトか、マグライトが便利です。

片手でデキャンタのネック部分をしっかり持ち、ボトルネックの真下から上に向かって照らせるライトを置いてから、もう片方の手でワインボトルを持ち、デキャンタに移します。その時、デキャンタを押えている手の親指をワインボトルの口にあてて、口部が動かないよう固定をします。

ワイン雑誌や専門誌には、液垂れを防ぐためにも最初だけ勢いよく注ぐよう記載があるものもありますが、慣れるまでは難しいものです。そこで液垂れ防止用の「ドロップストップ」を使用すると、最初からゆっくり注いでも液垂れすることなく、微妙な流れもコントロール出来ます。

ボトルの肩部分まで澱が押し寄せたら移し換えの作業をストップさせます。最初はどれが澱なのか分かりづらいのですが、何回か行っているうちに分るようになりますので、オールド・ヴィンテージを入手された方は 是非ともデキャンタージュされてみて下さい。

さて、次回は若いワインのデキャンタージュについてご説明を致しますので、お楽しみに~!

ホームページ | facebook
ワインコルクが簡単に抜けたり、一瞬でワインがまろやかになったり、ワインが美味しく感じるグラスがあったら良いと思いませんか? ワインをより深く知るために、ワインアクセサリーを学んでいきましょう♪

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.