「ワインを通じた出会い」を数多く手掛けるヴィアッジオのTOKYO WINE PARTYに参加してきました!

飲食店や家でワインを楽しんでいる人は、ワインに関する知識が自然と深まっていることでしょう。そうしたワイン好きの人がつぎに欲しくなるのが、ワインの美味しさや楽しさを共有し合えるワイン仲間では? 「普段飲まないようなワインを気軽に味わってみたい」「好きなワインについて話したい」「気軽にワインを飲める知人・友人をつくりたい」、そのような想いを持っている人にぜひおすすめしたいのが、ワインパーティーです。

今回は、株式会社ヴィアッジオが手掛ける「TOKYO WINE PARTY」のリブランディングを記念したメディア向けイベントに参加してきましたので、その様子をお伝えします。

ワインを通じた大人の出会い――TOKYO WINE PARTYとは?

ヴィアッジオは「素敵な人々の出会いが生まれる場をつくる」ことを目的とし、2008年の発足から現在までに月8~10回と、数多くのワインパーティーを手掛けてきました。

ヴィアッジオの代表である戸田さん自身がパーティー好きで、学生時代から趣味としてパーティーを開催したり、参加する中で「ワイン会よりもカジュアルに、お見合いパーティーやビジネス交流会よりもワインの美味しさにこだわった出会いの場をつくりたい」と考えるように――。そうして誕生したのがTOKYO WINE PARTYです。

これまでにヴィアッジオが築き上げたワインパーティーのノウハウを活かし、さらに上質な出会いの場をつくるためにリブランディングを行いました。

それでは、実際に参加してみた様子をご紹介します。

5月26日(金)TOKYO WINE PARTYの様子

出会い

立食でのビュッフェスタイルで行われたワインパーティー。ワインリストを眺めながらの雑談や名刺交換など、人が移動しやすい分、会話も自然発生しやすい印象でした。興味のあるワインや、普段の仕事を話すことで「私がさきほどお話した方をご紹介しますよ」と取り持ってもらえることも!自分のことを積極的に話すことがワインパーティーを楽しむためのポイントといえそうです。

ワイン

本日のワインリストは11種類。フランス、イタリアといった旧世界からアメリカ、ニュージーランドといった新世界のワインまで、生産国から品種までバラエティ豊かなラインナップです。TOKYO WINE PARTYのラインナップはパーティーのテーマに合わせ、信頼のおけるインポーターに確認しながらセレクトしているそうです。

お料理

本日のお料理は、食の美しさや喜びを追及する「DEAN & DELUCA」のケータリング。見た目は華やかでアイデアに富み、どれも美味しく、見ても食べても楽しいメニューでした。「ワイン・バーベキュー」「中華とワイン」など、普段のワインパーティーはテーマに合わせてセレクトされるそうなので、参加するたびに新しい発見や出会いがありそうですね。

空間

毎月のプレミアムフライデーに開催されるPREMIUM FRIDAYワインパーティーで使用される会場『TURN harajuku』は明治神宮(原宿)駅から徒歩1分という好立地にあります。清潔感があって落ち着いた雰囲気のコワーキングスペースですので、ワインパーティーの際にもリラックスした時間を過ごせると思います。

TURN harajuku
http://turn.tokyo/
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ1F-201

編集部より

今回参加したのはメディア向けの発表イベントだったため、ワイン関連のお仕事をしている人も多かったですが、今まで開催されてきたTOKYO WINE PARTYでは年齢・お仕事と幅広く、多種多様な方々が参加されているそうです。お花見やクリスマスなど、150人以上の参加者が集まるような季節のイベントもあるとか!

当日の午前中に「予定が空いたので行ってみよう」と気軽に応募・参加される方も多いとのことで、普段出会えないような人やワインとの偶然の出会いも満喫できそうです。ぜひ、お気軽に参加されてみてはいかがでしょうか。

TAGS

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.