「ワインを通じた出会い」を数多く手掛けるヴィアッジオのTOKYO WINE PARTYに参加してきました!

飲食店や家でワインを楽しんでいる人は、ワインに関する知識が自然と深まっていることでしょう。そうしたワイン好きの人がつぎに欲しくなるのが、ワインの美味しさや楽しさを共有し合えるワイン仲間では? 「普段飲まないようなワインを気軽に味わってみたい」「好きなワインについて話したい」「気軽にワインを飲める知人・友人をつくりたい」、そのような想いを持っている人にぜひおすすめしたいのが、ワインパーティーです。

今回は、株式会社ヴィアッジオが手掛ける「TOKYO WINE PARTY」のリブランディングを記念したメディア向けイベントに参加してきましたので、その様子をお伝えします。

ワインを通じた大人の出会い――TOKYO WINE PARTYとは?

ヴィアッジオは「素敵な人々の出会いが生まれる場をつくる」ことを目的とし、2008年の発足から現在までに月8~10回と、数多くのワインパーティーを手掛けてきました。

ヴィアッジオの代表である戸田さん自身がパーティー好きで、学生時代から趣味としてパーティーを開催したり、参加する中で「ワイン会よりもカジュアルに、お見合いパーティーやビジネス交流会よりもワインの美味しさにこだわった出会いの場をつくりたい」と考えるように――。そうして誕生したのがTOKYO WINE PARTYです。

これまでにヴィアッジオが築き上げたワインパーティーのノウハウを活かし、さらに上質な出会いの場をつくるためにリブランディングを行いました。

それでは、実際に参加してみた様子をご紹介します。

5月26日(金)TOKYO WINE PARTYの様子

出会い

立食でのビュッフェスタイルで行われたワインパーティー。ワインリストを眺めながらの雑談や名刺交換など、人が移動しやすい分、会話も自然発生しやすい印象でした。興味のあるワインや、普段の仕事を話すことで「私がさきほどお話した方をご紹介しますよ」と取り持ってもらえることも!自分のことを積極的に話すことがワインパーティーを楽しむためのポイントといえそうです。

ワイン

本日のワインリストは11種類。フランス、イタリアといった旧世界からアメリカ、ニュージーランドといった新世界のワインまで、生産国から品種までバラエティ豊かなラインナップです。TOKYO WINE PARTYのラインナップはパーティーのテーマに合わせ、信頼のおけるインポーターに確認しながらセレクトしているそうです。

お料理

本日のお料理は、食の美しさや喜びを追及する「DEAN & DELUCA」のケータリング。見た目は華やかでアイデアに富み、どれも美味しく、見ても食べても楽しいメニューでした。「ワイン・バーベキュー」「中華とワイン」など、普段のワインパーティーはテーマに合わせてセレクトされるそうなので、参加するたびに新しい発見や出会いがありそうですね。

空間

毎月のプレミアムフライデーに開催されるPREMIUM FRIDAYワインパーティーで使用される会場『TURN harajuku』は明治神宮(原宿)駅から徒歩1分という好立地にあります。清潔感があって落ち着いた雰囲気のコワーキングスペースですので、ワインパーティーの際にもリラックスした時間を過ごせると思います。

TURN harajuku
http://turn.tokyo/
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ1F-201

編集部より

今回参加したのはメディア向けの発表イベントだったため、ワイン関連のお仕事をしている人も多かったですが、今まで開催されてきたTOKYO WINE PARTYでは年齢・お仕事と幅広く、多種多様な方々が参加されているそうです。お花見やクリスマスなど、150人以上の参加者が集まるような季節のイベントもあるとか!

当日の午前中に「予定が空いたので行ってみよう」と気軽に応募・参加される方も多いとのことで、普段出会えないような人やワインとの偶然の出会いも満喫できそうです。ぜひ、お気軽に参加されてみてはいかがでしょうか。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.