【白ワイン編】ソムリエが飲み比べ!人気の動物ラベル3種のお味は?

家でのデイリーワインは、できるだけ手頃な価格で美味しいものを飲みたいですよね!スーパーやコンビニなど、さまざまな場所で手頃なワインが買えるようになり、動物のモチーフが使用された可愛いラベルのワインもよく目にするようになりました。

そこで今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

今回飲み比べたワイン3種

■サンタ・ヘレナ・アルパカ シャルドネ/セミヨン(写真:左)

■サンタ・バイ・サンタ・カロリーナ ソーヴィニヨン・ブラン/シャルドネ(写真:中央)

■プードゥ シャルドネ&ペドロ・ヒメネス(写真:右)

いざ、3種を飲み比べ!

サンタ・ヘレナ・アルパカ シャルドネ/セミヨン

 日本ではミラバケッソのCMで知名度が急上昇した動物「アルパカ」がラベルに使用されています。(以後、アルパカと省略)

 ~ソムリエ・小野沢さんのコメント~

【香り・味わい】

色は淡いですね。石っぽいミネラル感があり、酸もしっかりしています。単体で飲めるバランスの良い味です。セミヨンのふくよかな香りを、シャルドネがうまく整えています。

 

【どんな家庭料理に合う?】

魚や野菜料理よりも、お肉料理、とくに「塩味の焼き鳥」などの塩を使った鶏肉が合います。色を合わせることも考えて、タレやお醤油が効いているようなお料理じゃないほうが合うと思います。

サンタ・バイ・サンタ・カロリーナ ソーヴィニヨン・ブラン/シャルドネ

ラベルはアンデスの高原に生息しているピューマがモチーフで、「チリアンライオン」とも呼ばれます。(以後、サンタと省略)

 ~ソムリエ・小野沢さんのコメント~

【香り・味わい】

シャルドネは香りの強い品種ではないですが、ほのかにソーヴィニヨン・ブランの香りを感じるバランスが良いワインです。冷やして飲むことに向いた味ですね。ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネの組み合わせは、フランスワインでは聞かないので、チリワインならではとも言えます。

【どんな家庭料理に合う?】

強すぎない青っぽい香りがあるので、ハーブを使った料理や野菜料理と合います。また、青菜などの葉物を使ったおひたしとも相性が良いでしょう。

プードゥ シャルドネ&ペドロ・ヒメネス

ラベルの動物は鹿で、南米チリに生息している世界最小の鹿「プードゥ」がモデルです。(以後、プードゥと省略)

 ~ソムリエ・小野沢さんのコメント~

【香り・味わい】

シェリーに使われるような品種ペドロ・ヒメネスが使われているので、キャラメルのような甘い香りや、柑橘系の香りがありますね。飲み応えがあります。

 

【どんな家庭料理に合う?】

柑橘系の香りとの組み合わせを考えると、レモンやオレンジのシャーベットと合うでしょう。

キャラメルなど、焦がしたような香ばしさとの組み合わせで考えると、お醤油やタレを使った茶色系のお料理、たとえばハンバーグやタレの焼き鳥、から揚げ、あとは餃子といった味が濃いお料理と合うと思います。

ソムリエ・小野沢さんの総括

今回の3種のうち、アルパカが一番好みですね。素直な味という印象があることと、お料理に合わせやすいものが好みだからです。サンタはソーヴィニヨン・ブランの香りが個性的なので、合うお料理を探求しながら飲むと良いでしょう。プードゥは飲み応えの強さが印象的ですね。

編集部メンバーも飲み比べをしました!

~編集部のコメント~
同価格帯のワインでも、一緒に飲み比べてみると味わいや香りの違いが判りますね!

暑い季節には、3種ともキリッと冷やして飲みたいと感じました。3種のうち、プードゥは香りの強さが印象的でしたね。私は家で料理をするので、料理に合わせやすいアルパカは何かと重宝しそうです。清涼な印象を持ったサンタは、きゅうりやトマトといった夏野菜と組み合わせてみたいと感じました。

おわりに

ご近所のスーパーやコンビニで買う際には、アルパカが一番見つけやすいかもしれません。逆に、プードゥは販売しているお店を見つけるのに苦労したので、もし店頭で見かけた人は、その場で買ってしまったほうが良さそうです。みなさんもご家庭のお料理に合わせて、デイリーワインを楽しんでみてくださいね。

今回紹介したワイン

サンタ・ヘレナ・アルパカ シャルドネ/セミヨン
生産者(販売):サンタ・ヘレナ(Asahi)
ブドウ品種:シャルドネ、セミヨン
公式サイトはこちら

サンタ・バイ・サンタ・カロリーナ ソーヴィニヨン・ブラン/シャルドネ
生産者(販売):サンタ バイ サンタ カロリーナ(SUNTORY)
ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ
公式サイトはこちら

プードゥ シャルドネ&ペドロ・ヒメネス
生産者(販売):コンチャ・イ・トロ(KIRIN)
ブドウ品種:シャルドネ、ペドロ・ヒメネス
公式サイトはこちら

ご協力いただいた、ソムリエ・小野沢さんのお店


Bistro Ku hanare
http://www.bistro-ku.com/hanare/

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町1-5 大沼ビル5F
TEL:03-3780-7781
※JR 渋谷駅南口徒歩1分

ディナー(月~金)17:30 ~ 00:00
ディナー(土)17:30 ~ 00:00
※日曜日定休

TAGS

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.