割れずに洗いやすい!BIRDY.デキャンタで気軽にデキャンタージュしよう

デキャンタージュは、ワインボトルからデキャンタやカラフェに移し替えるだけで、空気と触れさせることで、味をまろやかにします。今回は、自宅でデキャンタージュを楽しむのにピッタリな「BIRDY. (バーディ)デキャンタ」をご紹介します。

多くの空気を取り込み素早く変化!

 「BIRDY.デキャンタ」は、ステンレス製で美しいフォルムが魅力のデキャンタです。一見デキャンタ?と思うかもしれませんが、その機能はとても優れていて、ガラスのデキャンタとは一線を画します。

ワインに触れる内部表面には微細な凸凹があるため、空気をより多く取り込み、ワインに素早く変化を与えてくれるんです。使い方はとっても簡単。ワインを飲む前にグラス1~2杯分の量をデキャンタに注ぎ、10回ほどスワリングするだけ。

もちろん、スワリングはしなくてもデキャンタージュの効果はありますが、若いワインを開かせたい場合は、スワリングすることをお勧めします。

広い注ぎ口でお手入れも簡単

デキャンタといえば、注ぎ口が狭いので、洗うときに専用クリーナーを使う必要がありました。しかし、「BIRDY.デキャンタ」は注ぎ口が大きいため、直接洗うことができるんです。

今回、使用したワイングラスよりも口は広く、私の手もスッポリ。ただし、男性の場合は個人差があると思いますが、女性の手であれば問題なく入るので、お手入れも簡単そうです。サイズも高さ14cmと大きくないので、収納にも困ることはないでしょう。

日本の技術が生んだデキャンタ

「BIRDY.」ブランドは、自動車産業で盛んな愛知県豊田市で、自動車部品を作り続ける横山興業さんの研磨技術から2013年に生まれました。当初はバーテンダー向けのブランドとして展開していましたが、今ではテーブルウェアのラインまでフィールドを広げているとか。

そして、発売から国内外で幅広く支持を集め、今ではカクテルの本場でもある英国の「サヴォイ・ホテル」のメインバーでも採用されているみたいです。日本の技術から生まれた製品が海外でも使用されるなんて、嬉しくなりますね。

まとめ

家ワイン編集部でも使ったところ、ハッキリと味と香りの変化が確認できました。スワリングはできるだけゆっくりと行った方が変化をより楽しめます。

また、とてもコンパクトで持ち運びも便利なので、アウトドアでも重宝するのではないでしょうか?ワインだけはなく、日本酒やシェリー、紹興酒でも味が変化するので、ぜひ試してみてください。

BIRDY 公式オンラインショップ

商品スペック
寸法:約φ93 × 145mm
容量:700ml
重量:約260g
材質:18-8 ステンレス鋼
発売:2017年3月

価格:18,144円(税込)
原産国:日本
ブランド:BIRDY. TABLE

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.