割れずに洗いやすい!BIRDY.デキャンタで気軽にデキャンタージュしよう

デキャンタージュは、ワインボトルからデキャンタやカラフェに移し替えるだけで、空気と触れさせることで、味をまろやかにします。今回は、自宅でデキャンタージュを楽しむのにピッタリな「BIRDY. (バーディ)デキャンタ」をご紹介します。

多くの空気を取り込み素早く変化!

 「BIRDY.デキャンタ」は、ステンレス製で美しいフォルムが魅力のデキャンタです。一見デキャンタ?と思うかもしれませんが、その機能はとても優れていて、ガラスのデキャンタとは一線を画します。

ワインに触れる内部表面には微細な凸凹があるため、空気をより多く取り込み、ワインに素早く変化を与えてくれるんです。使い方はとっても簡単。ワインを飲む前にグラス1~2杯分の量をデキャンタに注ぎ、10回ほどスワリングするだけ。

もちろん、スワリングはしなくてもデキャンタージュの効果はありますが、若いワインを開かせたい場合は、スワリングすることをお勧めします。

広い注ぎ口でお手入れも簡単

デキャンタといえば、注ぎ口が狭いので、洗うときに専用クリーナーを使う必要がありました。しかし、「BIRDY.デキャンタ」は注ぎ口が大きいため、直接洗うことができるんです。

今回、使用したワイングラスよりも口は広く、私の手もスッポリ。ただし、男性の場合は個人差があると思いますが、女性の手であれば問題なく入るので、お手入れも簡単そうです。サイズも高さ14cmと大きくないので、収納にも困ることはないでしょう。

日本の技術が生んだデキャンタ

「BIRDY.」ブランドは、自動車産業で盛んな愛知県豊田市で、自動車部品を作り続ける横山興業さんの研磨技術から2013年に生まれました。当初はバーテンダー向けのブランドとして展開していましたが、今ではテーブルウェアのラインまでフィールドを広げているとか。

そして、発売から国内外で幅広く支持を集め、今ではカクテルの本場でもある英国の「サヴォイ・ホテル」のメインバーでも採用されているみたいです。日本の技術から生まれた製品が海外でも使用されるなんて、嬉しくなりますね。

まとめ

家ワイン編集部でも使ったところ、ハッキリと味と香りの変化が確認できました。スワリングはできるだけゆっくりと行った方が変化をより楽しめます。

また、とてもコンパクトで持ち運びも便利なので、アウトドアでも重宝するのではないでしょうか?ワインだけはなく、日本酒やシェリー、紹興酒でも味が変化するので、ぜひ試してみてください。

BIRDY 公式オンラインショップ

商品スペック
寸法:約φ93 × 145mm
容量:700ml
重量:約260g
材質:18-8 ステンレス鋼
発売:2017年3月

価格:18,144円(税込)
原産国:日本
ブランド:BIRDY. TABLE

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.