デキャンタージュに向いているのはボルドーワイン?ブルゴーニュワイン?

若いワインは空気に触れると熟成するスピードが急激に早まり、時間と共にまろやかな味に変化していきます。

栓を抜いたボトルやグラスの中でも、スワリングをする事で素早く変化させる事は出来るのですが、空気に触れる面積が小さいため、少々時間がかかってしまいます。そこで活躍するのがデキャンタです。

今回はデキャンタージュの基本と、デキャンタージュした方が良いワイン、デキャンタージュしない方が良いワインについてご説明していきます。

取りあえずデキャンタに移せばよい?


ゆっくり時間をかけてワインの味の変化を楽しみたいという方は、スワリングをしながら時間をかけて飲むことが一番良いと思います。

しかし、パーティーでワインを飲む時や、今すぐ飲みたいというシーンでは、空気に触れる面積が大きくなる幅の広いデキャンタを使って、ワインの熟成を速める方法をお勧めします。

簡単にいえば、長い瓶内熟成期間を省いて、数時間で一気に熟成させてしまおうという訳です。
 
そこで注意しなければならないのは、赤ワインであれば、どれでもデキャンタに移し替えれば美味しくまろやかになる訳ではなく、デキャンタージュに向いている赤ワインと、大振りのグラスで飲んだ方が楽しめる赤ワインがあるんです。

そこを理解していなければ、デキャンタージュしたところで、ワイン本来の香りや味を知ることはできません。

デキャンタージュ向きのワインはどれ?


では、デキャンタージュに向いているワインはどれでしょう....。

ブルゴーニュタイプ


一般的にブルゴーニュタイプは酸味が比較的強く、デキャンタージュする事でより酸味の強いものに変化する場合があり、香りも発散型であるため薄く感じてしまうこともあります。

ブルゴーニュというよりはノ・ノワールをデキャンタージュした場合ですね。ピノ・ノワールをデキャンタージュした場合、多くの魅力が飛んでしまいますし、ピノ・ノワールはデキャンタージュしたからといって開かないものが多いので、基本はデキャンタージュしない方がいいでしょう。

もちろん好みがありますので、酸味が好きな方はデキャンタージュされた方が良いですし、香りを楽しみたい方はグラスの中で香りを立たせたほうが良いと思います。

ボルドータイプ


逆に渋味の強いボルドータイプのワインは、若いフルボディー(重口)ほど渋味が荒く、香りもバラバラな感じを受けます。熟成するにしたがってマイルドな味わいになり、香りも良くなってくるので、デキャンタージュ向きと言えるのです。

飲み頃はいつ?


空気に触れる時間により熟成(酸化)の進み具合が、若い→飲み頃→老化と変化しますので、この「飲み頃」に飲まなくてはなりません。

デキャンタージュの時間は葡萄の種類や産地により異なりますが、一般的にはラベルに印刷されている年代が新しいものほど長めに(2時間程度)、古いものほど短かめ(30分程度)にします。

ワインが難しいのは、良い収穫年は長い時間に耐える事が出来、天候に恵まれなかった年のワインは短命であることです。

正確には畑や生産者が違うと飲み頃も変わってくるので、あくまでも一般論としてご理解下さい。

おわりに


いかがでしたか?

やみくもに何でもデキャンタージュすれば、ワインが美味しくなるわけではない事が分かっていただけたと思います。

ワインにはそれぞれ個性があるので、その個性を分かった上で、デキャンタージュしてあげて下さいね。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.