もう大丈夫!コルクが割れてしまった時の対処法

今までワインのコルクが途中で割れてしまったりしたことはありませんか?コルクが抜けないから飲めない…なんて経験がある人もいらっしゃると思います。

特にワインを専門で扱っていない居酒屋さんではよく見かける光景です。そういうお店はコルク抜きに、なぜかソムリエナイフを使ってたりします。

コルクを抜いた経験のないスタッフが多い場合は、ソムリエナイフではなく、スクリュータイプのコルク抜きをお薦めします。スクリュータイプのコルク抜きだとまず失敗する事はありませんので。

少し話が逸れてしまいましたが、コルク抜きに失敗した際、どのように対処すればよいか、分からない人も多いかと思うので、今回はコルク抜き失敗時の対処法をまとめておきます。

コルクが割れてしまった場合

コルクを押しこむ


コルクが割れてしまったら、割れたコルクを瓶の中に押し込んで下さい

1人で飲む場合は、瓶の中に落ちたコルクはそのままでも問題ありませんが、出来ればデキャンタージュをして、コルクの屑や割れたコルクの破片を取ってあげるとよいでしょう。

この際、単にデキャンタに移すのではなく、コーヒーフィルター等を使うとコルクの屑や割れたコルクの破片が綺麗に取れます。

ネジとペンチを使う


割れたコルクに、ある程度の位置までネジを差し込んで、ペンチを利用しテコの原理のように抜い下さい。

コツはネジを入れる時に、力を入れすぎないこと。

ここで力を入れすぎてしまうと、コルクとネジを瓶の中に押し込んでしまうので、微妙な力加減でネジをコルクに差して下さい。

ある程度の位置までネジを差したら、ペンチでコルクを抜いて下さい。瓶の縁を使ってテコの原理のように抜くと、非常に抜きやすく楽に抜くことができます。

※釘を利用して、釘抜きを使っても構いません。

瓶を打ちつける


ワインボトルにタオルを巻いたり、厚手の布で補強して、壁にワインの底を打ちつけてコルクを出す方法があります。こちらは動画あるので、ぜひご覧になって下さい。
ただ、万が一割れてしまう可能性もあるので、オススメはできません。

こちらは面白そうだったので試してみたところ、ほんの僅かではありますがコルクが上がってきます。本当に僅かです。完全に抜けるまで数時間は要すのではないでしょうか?私は途中で断念してしまいましたが...。

2枚刃式ワインオープナーを使う


もともとはヴィンテージワインなど、古くなったコルクを抜く際に使用する道具なんですが、コルクが途中で割れてしまった時にも活躍します。

2枚刃式オープナーは、2枚の刃をボトルとコルクの間に差し込み、ボトルからコルクを剥がすように抜くことができます。


コルクリフターを使う


ボトル内に落としたコルクが気になる...そんな方には「コルクリフター」が最適です。ボトル内に落ちたコルクを簡単に引き上げてることができます。今まで諦めていたボトル内のコルクを取り出すことができます。


ジョンワインを使う


ジョンワインとは、ドイツのTAKE2社が開発した画期的なアイテムで、途中で折れてしまったコルクを一度ボトルの中に押し込んでから取り出す、コルク失敗専用のグッズです。動画もあったので、気になった人は見て下さい。
ちょっとお値段が気になるところですよね。



コルクが固い場合


コルク自体が固くて抜けない場合は、しばらくボトルを横にして放置して下さい。コルクが乾燥して非常に硬くなっている場合があるので、ボトルを横にしてあげることで、コルクを濡らしてあげて下さい。

また、合成樹脂コルク等密閉性が高いコルクは、空気の流入が瓶内にないため、ガラス瓶と吸着盤の役目を果たしています。そのため、スクリューの先端を完全に貫通させれば抜きやすくなる場合あります。

スクリューが折れてしまった場合


コルクから出っ張ったスクリューの長さにもよりますが、コルクを瓶内に押し込む方法をオススメします。一度折れたスクリューがコルクに刺さってしまうと、再度スクリューを入れる事は難しいので...。

もしくは、折れてしまったスクリューをペンチなどで抜いて、新しいコルク抜きで再度チャレンジする方法もありますが、コルクが更にグズグズになる可能性があるので注意して下さい。

最後に


とにかく、コルクが途中で割れてしまったら、割れてしまったコルクを瓶の中に押しこむことをオススメします。

そして、コルク抜きを失敗しそうな方は、スクリュータイプのコルク抜きを使って下さい。力要らずで簡単にコルクが抜けますので!

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.