持ってますか?ワインを美味しくする魔法のワイングッズたち

ワインはちょっとした事で味が変わるという事を知っていますか?例えば、濃厚で渋味の強いワインであれば、空気に触れる事で味がまろやかになり、美味しく変化するんです。

また、ワインの味を変えるためのワイングッズも多数あるので、今回は「若いワインを美味しく変身させる道具たち」を紹介します。

若いワインに適しているデキャンタ


まずは、美味しくすると言えば、今まで散々述べてきたデキャンタージュ。そこで、若いワイン用としてデキャンタを1つ選ぶとしたら、どんなタイプのデキャンタを選べば良いのでしょうか?

若いワインをデキャンタージュする目的は、空気に触れさせることで、味をまろやかにする事…そう考えると、ワインと空気が接する面積の大きい幅の広い形状タイプの方が、細長い形状タイプのデキャンタより適しています。

特に形にこだわりがなければ、安いデキャンタで問題ありません。



味の変わるアイテム特集

ポアラー


味を変えるアイテムの代表アイテムと言えば、一世を風靡した「デキャンティングポアラー」や「エアロポアラー」です。

このポアラーの仕組みとしては、ポワラー内部にあいている小さな穴から空気中の酸素を巻き込むことで、ワインを酸化させることで味をまろやかにしています。



ワインブリーザー カラフェ


ワインブリーザーは、まろやかで美味しいワインに大変身させるワインカラフェです。

抜栓をしたワインボトルの上からカラフェをセットし、ボトルごとひっくり返すことで、ボトルのワインが空気と触れ合いながらカラフェに流れ込みエアレーションを起こすころで、味をまろやかにしてくれます。

空気に触れさせることで味をまろやかにするので、ポアラーと似ていますが、デキャンタ(カラフェ)に流しこむ事で、ダブルの効果が期待できます。

動画もありますので、詳しくはこちらをご覧ください。



デキャンタス


味が分かるアイテムの中でも、効果抜群といわれているのがデキャンタスです。

デキャンタスにワインを注ぐことで、空気を大量に引き込み細かい泡を発生し、エアレーションを促してくれます。

また、このアイテムはデキャンタスにワインを注ぐ際に、ものすごい音が出ます。目だけでなく耳でも楽しめるアイテムになっています。こちらも動画があるので、チェックしてみてください。


クレ・デュ・ヴァン


ワインの未来が数秒で分かるという画期的なアイテムです。クレ・デュ・ヴァンの先端部分をワインに1秒付けるだけで、1年熟成させた時の味になるというアイテム。

今まで紹介してきた「味をまろやかにするアイテム」とは、少し違いますが、こちらもワインの味を変えるアイテムとして、ブームを引き起こしました。


なぜ、味がまろやかになるのか?


「クレ・デュ・ヴァン」は少し違いますが、ポアラー系のアイテムの原理は至って簡単です。ワインがボトルから出る際に同量の空気が容器内に必要となるため、自然に空気を引き込む力を利用しただけです。

ポアラー系のアイテムを使ってワインを注ぐ時は、そっと注がないで、空気とワインがよく混ざるように思いっきりボトルを傾けて注いで下さいね。

今回紹介したようなアイテム以外でも、味が変わるアイテムは多数ありますので、ワインライフを楽しむ上でも、自分のお気に入りを見つけることをお薦めします。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.