なぜ750mlなの?ワインボトルのサイズと種類について

何気なく手にしているワインのボトル。なで肩のブルゴーニュ型、いかり肩のボルドー型、細長いドイツのライン、モーゼル型、形状は色々あっても全て容量は750ml。この中途半端な感じがする750mlという量はなぜ決まっているかご存じですか?

750mlはイギリスで使われていた単位が関係している?

世界標準となっている750ml。慣れてしまうとそのようなものだと認識していますが、よくよく考えるととても中途半端な気がしてきます。なぜ750mlになったのか、そのルーツはイギリスにあると言われています。

イギリスは昔からワインの消費大国として有名で、当時イギリスで使用されていた単位は「ガロン」です。1ガロンは約4.5L。ワイン1ケース12本の場合は9Lになり、ちょうど2ガロンとなります。イギリスへの輸出時の計算・変換に便利ということで、ワインボトルが750mlで規格統一されたという説があります。

その他にもワインボトルが750mlであったということは、ボトルを作るガラス吹き職人がひと吹きで吹けるちょうどいいサイズ、というような説もあります。

日本では720mlが主流

 

Aimi Gomiさん(@aimi.g)がシェアした投稿 -

実は日本で生産されているほとんどのワインが、国際規格と異なる720mlです。720ml瓶の由来は、日本酒の単位の1合からきており、720ml は4合にあたります。日本でワインを造り始めた時、一升瓶や四合瓶が沢山生産されており、コストを抑えるためにもともとの生産ラインを使ったということです。一升瓶は大きすぎるのであまり生産されていませんが、今でも一部地域では一升瓶のワインが造り続けられています。

ワインボトルのサイズ一覧

ワインボトルが世界の標準サイズとして決められているのは750mlです。標準以外にもハーフサイズや2倍のサイズがあります。異なるボトルサイズの呼び名と容量をご紹介します。

 

MIKEさん(@mwmw36425)がシェアした投稿 -

188ml(1/4本):Quart(キャール)
375ml(1/2本):Demi Bouteille(ドゥミ・ブティーユ)、Fillette(フィエット)
750ml(1本):Bouteille(ブティーユ)
1500ml(2本):Magnum(マグナム)
2250ml(3本):Marie Jeanne(マリェ・ジェンヌ)
3000ml(4本):Jeroboam(ジェロボアム)、Double Magnum(ダブル・マグナム)
4500ml(6本):Rehoboam(レオボアム)、Jeroboam(ジェロボアム)
6000ml(8本):Mathusalem(マチュザレム)、Imperial(アンペリアル)
9000ml(12本):Salmanazar(サルマナザール)
12000ml(16本):Balthazal(バルタザール)
15000ml(20本):Nabuchodonosor(ナビュコドノゾール)

※地域によって呼び方が異なることもあります。

最後に

紐解いてみるとヨーロッパの歴史や貿易、色々なことが絡んでいておもしろいですね。フランスのアルザスでは1Lのワインが造られていたり、ジュラのヴァン・ジョーヌではクラヴランと呼ばれる620mlのボトルで造られていたりと、絶対に750mlというわけではないですが、世界標準は750mlとなっています。

750mlも良いですが、時には大きいボトルも手にしてみてはいかがでしょうか。マグナム以上の大きいボトルは大人数でのお祝いごとで購入すると、盛り上がるかもしれません。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.