ワインと果物で手軽に楽しめる、自家製サングリアの作り方

中途半端に飲み残してしまったワイン。ちょっとコンディション悪くなっちゃってるけど、料理酒にするにはもったいないし。何とかもう一度美味しいワインに変身させたい♪って時の一番スタンダードな解決法は、フルーツを加えたサングリアですね。 ワインの劣化は主に酸化。でもこの酸味は、甘みを補うと逆に心地よい味わいに。更にフルーツを加えれば消えてしまった香りを補うことができる...まさにミラクル活用!スタンダードになるには、それなりの理由があるんですね。 サングリアはスペイン・アンダルシア地方発祥のドリンク。「血のような」という名の由来通り、元々は赤ワインをベースに自家製されるものでしたが、現在では白ワインで作る「サングリア・ブランカ」や、スパークリングワイン(カバ)のサングリアなどバリエーションも豊富になりました。 基本の果物はオレンジ・レモン・リンゴですが、グレープフルーツ・モモ・キウイ・パイナップル・バナナ・イチゴなどお好きな物でOK! 私のオススメは、赤ならスパイスを効かせて、白ならハーブを加えて爽やかに。では実際に作ってみましょう~。


ソーダ割りでゴクゴクいけちゃう!夏の爽やか系


シトラス&ハーブの白サングリア [材料] 夏蜜柑(またはオレンジ・柚子など柑橘系)1個 ミント3~4株 白ワイン180cc シロップ大さじ3

【1】夏蜜柑は皮つきのまま薄切りにし、飲むとき邪魔になる種を取り除く。



【2】白ワインにシロップを溶かし、【1】とミントを入れて完成。

濾して残ってしまった果物は即席ジャムにしちゃいましょう!砂糖を加えて電子レンジ加熱(600wで10分ほど)するだけでOK。ワインとハーブがふわっと香り、ヨーグルトと相性抜群。チーズと一緒にクラッカーにのせれば、ワインのお供にもピッタリ♪


ホットでもアイスでもOK!しっとり飲みたい大人味


スパイシーサングリア [材料] 赤ワイン 90cc オレンジジュース(果汁100%) 90cc フルーツリキュール(コアントロー・レモンチェッロなど) 20cc スパイス 2~3ふり(パウダータイプ)

【1】材料を混ぜるだけ!


スパイスはシナモン・ナツメグ・クローブなどお好みの物で。スティックやホールなら翌日濾して保存してください。どれを選べばいいかわからない時は、バランス良くブレンドされたオールスパイスが便利ですよ♪

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.