家飲みをもっと美味しく!長期保管はワインセラーでの丁寧に管理しよう。

ワインを長期間保管しておきたいのであれば、温度管理には注意が必要です。そこで、今回はワイン愛好家の敵ともいえる「温度」と「湿度」、そして「ワインセラー」についてご紹介します。

ワインはどこに保管すれば良いのか?

よく「ワインセラーと冷蔵庫の違いは?」と聞かれることがありますが、冷蔵庫とワインセラーの最も異なる機能は「温度」と「湿度」です。

ワインがなぜ温度を気にしなければいけないのかというと、ワインの最適温度といわれる温度13(±2)℃よりも温度が低くなると、ワインの熟成スピードは遅くなるので、冷蔵庫のように温度が低く過ぎると何年経っても熟成を感じることがありません。

逆に温度が高いと熟成スピードは速くなります。真夏にエアコンのない部屋でワインを保管していると、熟成スピードが速すぎて、ひと夏でワインは劣化してしまいます。

以上のように、ワインの熟成には適正な温度管理が重要なので、長期間保管する場合はワインセラーの方が向いているということです。

意外と見逃してしまう湿度

温度と同じく大事なのは「湿度」です。なぜ湿度が大切かというと、乾燥しすぎた場所にワインを長期間保存しておくとコルクが細くなってしまい、ワインの酸化が進んでしまいます。

では、ワインの熟成保存に最も適した場所はどこなのか?....それは、通年でコルクの乾かない湿度、平均70%程度の場所で、温度13(±2)℃の暗闇が最も理想と言われています。

ただし、そのような場所は一般家庭でありません。そこで、温度と湿度を手軽に管理出来るワインセラーを使用するわけです。

一般家庭で最も適している場所は?

一般家庭で最も適している場所を強いて挙げるとすれば、温度変化の少ない押入れや床下になります。押し入れや床下が涼しい場所であれば、新聞紙やビニール袋にくるんで保管しておいて構いません。

ただし、やはり夏場は厳しいと思うので、そこで冷蔵庫の登場です。冷蔵庫に保存する場合は、ワインを新聞紙かプチプチに包んで、霧吹きで水を振りかけてから冷蔵庫の中で最も温度の高い野菜室に寝かして入れておく方法がベストだと思います。 また、新聞紙やビニール袋に包み、強度と断熱効果を兼ね備えた発泡スチロール箱か段ボール箱に寝かしておく方法もあります。しかし、部屋の温度が上がりすぎると意味がないので、やはり割と温度が安定している野菜室が最も良いでしょう。

まとめ

ここで紹介したのは短期的な保存方法で、熟成には向いていないので長期保存や熟成を目的としている場合はワインセラーをご利用下さい。もちろん、デイリーワインがメインの方であれば、冷蔵庫で問題ありません。

最近は1万円程度で買えるワインセラーも出ているので、大切なワインを台無しにしない為にも、保湿機能を備えたワインセラーを選んでくださいね。

ルフィエール
ルフィエール ワインセラー 12本収納 LW-S12
Amazonで見る
デバイスタイル
デバイスタイル ワインセラー (7本収納)【右開き】ブラックdeviceSTYLE SPECIAL X EDITION CD-7X
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.