オーストリアワインがおすすめ!アットホームなフレンチ「キッチンクラウン」

今回ご紹介するのは、以前、家ワインでレシピコラムを提供してくれていた「キッチンクラウン」です。

キッチンクラウンは夫婦で営むカジュアルフレンチ。賑やかなお店が多い下北沢で、ホッとひと息つける隠れ家レストランでしたが、6月に経堂へ移転リニューアルしたので、早速お店に行ってみました。

東京、世田谷区の経堂駅北口を出て、すずらん本通りに入って歩いていくこと12分。赤堤通りにぶつかる直前に見える、白と紺を組み合わせたコントラストな外観がキッチンクラウンです。

この付近では珍しいオシャレなフレンチレストランなので、ひと目で分かりました。外からでも店内の様子が窺え、とても入りやすい環境になっています。

自宅に招かれたようなアットホームな店内

出迎えてくれたのは五十嵐圭介さんと奈緒さん夫妻。移転した理由を伺ったところ、一昨年生まれたお子さんとの時間や育児を考えて、自宅から通える場所に移転されたそうです。

 

お店はまるでお二人の自宅に招かれたような、心地よいリラックス感。肩肘はらずにゆったり、のんびりとした時間が過ごせます。下北沢から移転しても、店内の雰囲気は変わっていません!18時を過ぎると、カウンターにはお一人さまが集まり、夜が更けるほどに店内には楽しそうな人々の笑顔で溢れていきます。

 

取り扱っているワインは、オーストリア、フランス、日本を中心に取りそろえています。店内の奥にはガラス張りのワインセラーに並ぶワインは、ソムリエの奈緒さんがセレクトしています。

旬な食材を使用したこだわりの料理

キッチンクラウンで使用される食材はその時旬な食材を使用しています。お魚はご主人の出身地でもある新潟県能生漁港(糸魚川市)から直送で仕入れた新鮮なお魚です。

メニューは季節毎に変わっていきますが、特にお肉とお魚にいたっては、その時に入荷したものによって異なるので、色々な料理が楽しめると思います。他にも自家製ソーセージやCLOWNサラダ、じゃが芋の3時間30分バター煮などもおすすめです。

 

この日は、「イトヨリのポワレ」と「越後牛のグリル」をいただきました。料理1品1品が本当に丁寧に作られています。

イトヨリのポワレは、イトヨリの表面がカリッとしていて、中はふわっと柔らかく、旬な野菜をのせた逸品です。ソースは白ワインのベルモットを煮詰めて、ほんのり酸味を感じて、これが絶品でした。

肉質の柔らかい越後牛に、テールドペッパーソースをからめた「越後牛のグリル」は、噛めば噛むほど濃厚な旨味が口いっぱいに広がり、深みのある美味しさです。肉の素材の良さを引き出すために、ミディアムレア~ミディアムくらいの絶妙な焼き加減でした。

もう一度行きたくなるお店

お二人の穏やかな人柄が相まって、ゆっくりとした時間が流れていきます。会話に集中しているといつの間にか夜が更けて、楽しい時間はアッという間でした。

日々忙しくしていると、心を落ち着かせる場所がほしいものです。そんな時は、「キッチンクラウン」で、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがですか?

住所:東京都世田谷区船橋5-20-14パル千歳1-B

営業時間:(平日)18:00~23:00

TEL:03-6356-5666

定休日:月曜日

URL:https://ja-jp.facebook.com/KitchenClown/

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.