厳しい寒さから生まれた「奇跡のワイン」アイスワインとは?

 

アイスワインって聞いたことありますか?アイスワインは甘口ワインの種類の一つです。聞いたことがあっても何か知らない人や、なぜ甘口なのか解らない人も多いと思います。

ワインが飲めなくても、アイスワインを始めとする甘口ワインなら飲めるという人も多いので、この機会に覚えてみませんか?

アイスワインとは

簡単に言うと、氷結したブドウから造られるワインが、アイスワインです。ではなぜ凍ったブドウから造ると、甘いワインができるのでしょうか?

アイスワイン用のブドウは、氷点下8度くらいまで凍るのを待ちます。ブドウが凍るとき、糖分はまだ凍っていない部分へ行き、水分が凍ります。果汁が凝縮されて濃度が高まった部分を圧搾するので、とても甘いジュースを搾り出すことができます。国によって細かい決まりはあるものの、この方法で造られたワインがアイスワインとなります。

最初にアイスワインが造られた国はドイツと言われており、とても寒かった年に「凍ったブドウでもワインを造れないかと考え、偶然できたのがアイスワインです。

つまりアイスワインは、寒い国で造られているのです。主にドイツやカナダが有名で、アメリカやオーストラリアでも生産されています。貴腐菌をつけて造られる貴腐ワインとともに、デザートワインの代表格となっています。

アイスワインを造るには、非常にたくさんのリスクを伴います。例えば、凍るのを待っている段階で鳥に食べられてしまったり、気温が下がらなかったり、凍る前にブドウにカビが生えてしまったり…。
そして、凍った残りの部分からしか絞らないので、他のワインを造る時よりも、できるジュースの量が少なくなります。そのため、ワインの価格が高くなってしまうのです。しかしアイスワインは、抜栓してから一か月くらいは日持ちをするので、少しずつ楽しめるのが良いところですね。

ちなみに、安価にアイスワインを造る「クリオ・エクストラクション」という方法もあります。こちらは自然に凍るのではなく、人工的に凍らせて造るのでコントロールができるため、リスクが減り価格も抑えられています。

アイスワインに使うブドウ

アイスワインに使用されるブドウは、リースリングが多いですが、シルヴァーナーやゲヴュルツトラミネール、ショイレーベ、カナダだと改良されたヴィダルなども使われています。リースリングは熟しても酸味が落ちないため、寒冷地でよく使われる品種です。アイスワインにも向いています。

最後に

ワインは飲めなくても、アイスワインなら飲める!という方は多いので、個人的にはもっと普及してほしいアイスワイン。日持ちするのでそんなに飲めない方でも手に取りやすいワインです。

お酒がそこまで飲めない人にもおすすめですし、ワイン好きでもあまり自分では買わないものなので、プレゼントにもおすすめしています。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.