清澄白河フジマル醸造所を直撃!東京でのワイン造りにかける思い

いまや世界中のさまざまなワインが楽しめるようになっていますが、一番身近な日本ワインについて、もっと知りたいと思っている人も多いはずです。

そこで、世界でもまだ数少ない都市型ワイナリーを大阪と東京に誕生させたことでも有名なフジマル醸造所を訪ねてみました。

今回お話をお伺いしたのは、2015年にオープンした清澄白河フジマル醸造所で醸造長を務める木水晶子さんとレストランのソムリエである室谷統さん。ワイン造りの魅力やオススメの日本ワインについて教えていただきました。

フジマル醸造所が生み出すワインの魅力とは?

Q. 街中のワイナリーはまだまだ珍しいですが、都市型にこだわっている理由は?

木水さん:私たちはワインを造るだけでなく、ワインショップでもあり、レストランでもありますが、すべてに共通しているのが、「ワインをもっと日常にしたい」ということ。そこには、ワインが身近にある文化をもっと日本に広めたいという思いがあります。

また、都心のアクセスしやすいところにワイナリーがあることによって、興味を持っていただき、意外と身近で飲めるものなんだということに気がついていただきたいのです。

Q. 現在、製造されている種類やオススメの銘柄について教えてください。

木水さん:ブドウの品種は、デラウェア、ナイアガラ、シャルドネ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン、マスカット・ベーリーA、巨峰の7種類になりますが、農家さんによって違うこともあるので、実質10種類以上は作っています。

室谷さん:うちのワインは口当たりの優しいワインが多く、その中でもしっかりとした飲み口の山梨県産メルローを使った赤ワインがオススメです。お肉にも合わせやすいですし、しっかりした味わいのワインを飲みたいというお客様にはご好評いただいています。

Q. フジマル醸造所といえばデラウェアのイメージがありますが、デラウェアを使い始めた理由や魅力を教えてください。

木水さん:大阪のワイナリーがもともと始まりですが、実は100年以上前、大阪は日本一のデラウェアの産地になっていたことがあるくらいデラウェアが有名な土地なんです。それもあって、大阪の方には親しみのあるブドウでしたが、農家さんたちの高齢化もあり、手入れができなくなってしまった畑を借りてブドウ作りを始めたのがきっかけです。

また、デラウェアは食用のイメージが強いかもしれませんが、粒が小さくて、砂糖を入れなくてもアルコールが12%ほどになる高い糖度もあり、酸もきれいに残っているんです。つまり、ワイン用のブドウにするための条件をすべて持っている数少ない食用ブドウで、ワインとしての可能性を秘めているんです。

Q. 実際、お客様の反応はいかがですか?

木水さん:「デラウェアだから甘いワインだと思っていた」と言われることが多いですが、うちでは全部辛口で作っているので、意外性はあるようですね。

室谷さん:独特な甘い香りがすごく親しみやすいので、男女問わず、飲み慣れていない人でもお楽しみいただけるかなと思います。実は僕の母はあまりお酒が好きではないんですが、これは飲みやすくておいしいと言ってくれました。

Q. ワイン造りで苦労している点や気を付けているのはどんなところですか?

木水さん:思い通りにいかないものなので、難しいなと思うんですけど、そこが面白さでもあるんですよね。余計な手を入れるのではなく、なるべくブドウそのものの味わいや魅力を引き出すことを心がけています。

ワイナリーが併設しているレストランの強み

Q. ワイナリー併設型レストランの魅力は?

室谷さん:やっぱり出来たてが飲めるということ。生樽ワインというものですが、なるべく酸素に触れないような状態でビール用のタンクに詰めて、フレッシュな状態でお客様に出しています。

シェフがイタリア人なので、イタリア料理と日本ワインの新しいマリアージュを楽しんでいただきたいと思っています。

Q. 出来たてのワインの良さとは?

木水さん:輸送していないこともあり、温度変化や衝撃もなく、ダメージもありません。ワインにとっては一番ピュアに近い状態なので、他にはないワインをお楽しみいただくことができます。あと、レストランで人気のワインといえば、テーブルトップデラウェアの白ワインですね。

 

Q. テーブルトップデラウェアの人気の秘訣は?

室谷さん:飲みやすさと親しみやすさがあるワインですが、デラウェアの良さが一番出ているワインでもあるので、お客様にも伝わりやすいんだと思います。

木水さん:それと、気軽に飲んでいただけるように価格的にも一番安くしているので、そういう意味でも頼みやすいのかもしれませんね。

フジマル醸造所流!日本ワインの楽しみ方を聞く

Q. このレストランでしか味わえないワイン体験はありますか?

室谷さん:ワイナリーが併設していることもあり、テイスティングセットで少しずつ色々な種類を飲んでいただけますし、気に入っていただいたワインはその場で購入できます。また、ご希望があれば、醸造所の見学も可能なので、それがフジマル醸造所ならではの楽しみ方だと思います。

Q. 最後に、オススメの日本ワインの楽しみ方を教えてください。

木水さん:日本のワインもじっくり味わいたいものから、気軽に楽しみたいものまで色々あると思いますが、「日本のワインだから」とか「海外のワインだから」という分け方をする時代でもなくなってくるのかなとは感じています。

ただ、うちのワインでいえば、日常的に楽しんでいただきたいので、ビールの代わりに飲んでもいいかなと思いますね。日本ワインはいろんな料理に合わせられる懐の深さがあるので、カレーやアジフライ、ご飯とお味噌汁といった普段のお食事に合わるのもオススメです。

今日はありがとうございました。

まとめ

お客様に「日本ワインに対する見方が変わった」と言われることだけでなく、農家のみなさんに喜んでもらえるのがすごくうれしいと話す言葉からは、ブドウ一粒一粒に愛情を込めてワインを造っているのが感じられました。

平和や円満を意味し、無限に連鎖する七宝繋ぎがモチーフとなっている清澄白河フジマル醸造所のワインラベルのように、「ワインをもっと日常に」という思いも、街中のワイナリーを中心にますます広がっていきそうです。

清澄白河フジマル醸造所

住所:東京都江東区三好2-5-3

TEL:03-3641-7115

営業時間

《レストラン》

平日 17:00~21:30(LO)

土日祝 ランチ11:30~14:00(LO)

ディナー 17:00~21:30(LO)

《テイスティングルーム》

毎日 13:00~21:30(LO)

定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜休み)

HP:http://www.papilles.net/winemaking/kiyosumishirakawa/index.html

TAGS

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.