アメリカ西海岸で人気!サングリアを使った「パンチボウル」の作り方

アメリカ発のスイーツがぞくぞくと日本に上陸していますが、2014年頃から注目を集めているのがパンチボウルです。見た目も華やかで、オシャレな女子の間でジワジワとブームがきているのだとか。

今回はそんなパンチボウルをご紹介します。

パンチボウルとは

パンチボウルとは、大きなボウルにベースとなるお酒と氷を入れて、新鮮なフルーツやハーブをトッピングしたドリンクです。サングリアと一緒?と思われるかもしれませんが、大勢でシェアするスタイルであることがパンチボウルの特徴だそうです。

大勢でシェアしながら楽しむパンチボウルは、アメリカ西海岸のセレブの間ではブームになっていて、今やパーティーでは欠かせない存在なんだとか。

今回紹介するパンチボウルのレシピは、赤ワインをベースに作ったサングリアに氷をドサッと入れて、フルーツをたっぷり加えた即席サングリアボウルです。買った赤ワインがあんまり美味しくなかった時に使えるレシピです!

材料:作りやすい分量

赤ワインベース サングリア 1000ml

※市販のヴィニャ・アルバリ・サングリアなどで構いません。

オレンジ・レモン各 1個

作り方

【1】ボウルに赤ワインベースのサングリアと氷を入れる。

【2】オレンジとレモンをスライスしてトッピングする。

※レシピは「トレンド総研」より引用

まとめ

大きなボウルにフルーツやハーブと一緒にアルコールを入れるカクテルは、簡単にできてとてもお洒落です。ベースとなるお酒はワインベースのカクテルじゃなくても構いません。

スパークリングワインを入れて、缶詰めのフルーツをドッサリ入れたら、パンチボウルではなく、ちょっと大人なフルーツポンチになりそうですね。

ウイスキー、ウォッカ、その他にも梅酒や焼酎など好みのお酒を使って大丈夫です。果物もりんご、バナナ、イチゴ、クランベリーなど、果物は何を入れてもOKなので、自分でお好みのパンチボウルを作ってみてはいかがですか?

神奈川県生まれ。現在は東京を拠点に雑誌、Webメディア等の執筆活動中。20代後半からワインの楽しさに目覚め、ワインの楽しみ方も伝えています。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.