ワインをちょい飲み!どこか懐かしさを感じる kata kata ちょい飲みグラス

「これぞ夏の風物詩」と言える”モノ”は、風鈴や扇子、うちわなど、涼しさを生みだしてくれます。また、これら夏を感じる”モノ”には、どこか日本らしさを感じることが多いですよね。

今回は、テーブルに並べるだけで、涼しさを演出できる「ちょい飲みグラス」をご紹介します。日本の技術が詰まった、家飲みにはピッタリのグラスですよ。

ワインにちょい飲みグラス?

ワインを飲むにはやはりワイングラスでしょ?と思われるかもしれませんが、何気ない日常に溶け込みやすく、シーンを選ぶことなく使用することができます。

ちょっと一息つきたい時間に…軽くワインを飲みたい時…など、これまで使用していた堅苦しいワイングラスではなく、このちょい飲みグラスを使ってもいいかもしれません。

ちょい飲みグラスは小ぶりなサイズですが、適度な厚みがあるので、手になじんでくれます。職人がひとつひとつ丁寧につくり上げているので、大量生産のグラスと比較すると、明らかに口当たりが優しいグラスです。また、ハンドメイドでつくられているため、ひとつとして同じものはありません。

ちょい飲みグラスは重ねて収納することができるので、コンパクトに収納ができるところもうれしいですね。

江戸硝子の技法を使用

1899 年創業の老舗ガラスメーカー「廣田硝子」がひとつひとつ丁寧につくりました。

廣田硝子は大正15年は墨田区に硝子製造工場を設立し、製造卸販売と事業を拡大してきました。三代目、達夫氏より手づくりガラスにこだわり、日本独自の硝子製品に注目して、江戸切子の普及にも着手しました。

今回、ご紹介する「ちょい飲みグラス」は、東京の伝統工芸品として指定されている江戸硝子※の技法によってつくられています。ひとつひとつが手づくりなので、その形はそれぞれ違います。

また、廣田硝子の丁寧なモノづくりは、大手企業も注目し、スターバックスとのコラボ商品など、各企業からも絶大な信頼を得ています。

※「江戸硝子」とは、江戸時代からの伝統を受け継ぎ、手づくりで製造されたガラス製品です。

デザインユニット kata kata

このかわいい「くじら」と「かもめ」のイラストは、松永武さんと高井知絵さんとでなるデザインユニットkata kataによるデザイン。

kata kataのデザインのモチーフとなるのは、日々の生活の中で感じる「動物」、「昆虫」、「植物」、「風景」です、その全てにストーリーを創造させて、デザインが生まれます。

型染めや注染、オリジナルの染布制作を2004年からスタートし、最近はアメリカや台湾でも個展を開き、世界でも注目を集めています。

まとめ

ワイングラスではなく、ちょい飲みグラス?と思われるかもしれませんが、夏は割と自由にワインを飲む人が多い気がします。

たとえば、白ワインに炭酸を割って氷を入れたり、ジュースを凍らせて、ワインに入れて飲んだり…。家で飲むワインは飲み方も自由に楽しみたいものです。

商品データ

サイズ: φ7.0×5.5cm / 約128g

素材: ソーダガラス100%

原産国: 日本

デザイン: kata kata(カタカタ)

※手工芸品のため風合いがひとつひとつ異なります。

※食器洗浄機不可

※耐熱温度差40℃

※電子レンジ不可

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.