低アルコールで糖分添加ゼロ。リーズナブルで美味しい!ソムリエおすすめスパークリングワイン

 

暑い日が続きますね。こういう時に一番飲みたいワインは、やっぱりスパークリングですよね。しかしリーズナブルで美味しいスパークリングを探すのって本当に至難の技。

世のソムリエ達も安くて美味しいスパークリングを探すのには相当苦労をしているはず…。しかし!ついに気軽に家飲み出来てこの季節にピッタリなリーズナブルな物をみつけました!

「Maria Casanovas Brut de Brut(マリア・カサノヴァ ブリュット・デ・ブリュット)」スペインのカヴァです。

マリア・カサノヴァ ブリュット・デ・ブリュットについて

生産者のマリア・カサノヴァは、カヴァの一大生産地ペネデスのサンサルディーニ・ダ・ノヤに居を構える小規模な家族経営のワイナリー。女性が醸造責任者を務めており、味わいはもちろんのこと、ラベルデザインなどにも女性ならではの視点が活かされているようです。

使用されているブドウは、パレリャーダ、チャレッロ、マカベオ。聞きなれない名前かも知れませんが、カヴァでは最もスタンダードな品種で、ほとんどのカヴァがこの3品種の組み合わせによって造られています。

このワインは通常よく耳にする「ブリュット」ではなく「ブリュット・デ・ブリュット」となっていますが、その意味は「全く糖分添加をしていない」という意味。「ブリュット・ナチュール」や「ノン・ドゼ」と同じ意味ですね。糖分添加をしていないので、非常に切れ味のよい辛口に仕上がっています。

そしてアルコール度数は低めの11.5%。このワインの産地であるペネデスより、はるか北にあるシャンパーニュですら、今は12%以上のアルコール度数が当たり前。それを考えると、このアルコールの低さはかなり貴重です。

「低めのアルコール」「糖分添加ゼロ」に加え、女性ならではの独自の視点。この3つが個性的なカヴァにしているポイントのようです。

テイスティング・コメント

グラスに注ぐと、シャンパーニュにも負けない元気な泡が豊富に立ち昇ります。味わいに泡は関係ありませんが、豊かな泡を見ていると気分が華やぎますよね。色合いはかなり淡めのイエローで涼しげな感じです。

香りも清涼感に溢れています。レモン水、濡れた石、控えめに白い花。とても上品にまとまっています。味わいは低いアルコール、ノン・ドゼのおかげで、クドさは全くなく凛とした佇まい。

最後に

ノン・ドゼのスパークリングは、世界中で様々な生産者が造っていますが、正直首を傾げる物が多いのも事実。「糖分添加などしないでナチュラルなワインを造りたい」「果実本来の美味しさを伝えたい」そう言った気持ちから、ノン・ドゼにトライする事はもちろん素晴らしいのですが、結果が着いて来なくては元も子もありません。これだったらドザージュ(糖分添加)したほうがいいのに…と思うワインは沢山あります。

このカヴァはノン・ドゼによって甘さは皆無でありながら、熟した果実をしっかり感じることができ、素直に「美味しい!」と誰もが思えるはず。この価格でこの美味しさ。スパークリングではそうそうないですよ!冷蔵庫に常備することをオススメいたします。

 

そして、購入するなら下記のような管理の万全なお店で買うのがベストです。味わいが一味も二味も違いますよ!

【ソムリエの小野沢さんが勧める!管理の万全なワインショップ
店名:WINE SHOP Anyway-Grapes
住所:〒156-0052  東京都世田谷区経堂 2-13-1 B1F
営業時間:12時~24時(火曜定休)
電話:03-6413-9737
URL:http://anyway-grapes.jp/

オンラインショップはこちら

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.