ボルドー地方にも負けない!マーガレット・リバーで造られるワインの美味しさの秘密

オーストラリアは、バロッサバレーやハンターバレーなど世界的に有名なワイナリーを多く有するワイン大国です。なかでも、今回注目したいのは西オーストラリア州の首都パースから南へ270km行った、広がる美しいワイン産地、マーガレットリバーのワインついてご紹介します。

水よりもワインを好んで飲む?!

日照量が多く、降水量の少ない西オーストラリア州は、年間降雨量が極端に少なかった数年前、大変な水不足に悩まされました。

シャワーは、5 分以内。ペットボトルのお水は、1 本500 円ほどにまで価格上昇。そんな時でも陽気なオージーは、「水よりもワインの方が美味しいからワインを飲もう!」と、とてもポジティブに問題を捉え、その年を乗り切ったそうです。

そんな環境ということもあり、オージーは昼夜気にせず「食事のお供はワイン」と決まっており、とても身近な飲み物なんです。

ワインの味の決め手って何?!

ワインの味や質を左右するものは、大きく分けて3つあります。

それは、土・気候環境・人の手。

マーガレットリバーの持つ、土壌、気候環境、海からの影響は、フランスのボルドー地方ととても似ていると言われています。

マーガレットリバーの代表ブドウ品種もボルドーと同じで、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンです。

質の良いワインを造ることで知られている、フランス・ボルドー地方の持つブドウ栽培環境とほぼ同じ環境を持ったマーガレットリバーは、近年、ボルドーワインに匹敵するほど質の良いワインが造り出される名産地として、世界中から注目を集めているんです。

ボルドーとマーガレットリバー、同じようなワインが出来るの?!

現地のワインメーカーは、「私たちは、わざとフレンチスタイルのワインを造ろうとしている訳ではありません。マーガレットリバーらしさが現れた美しいワインを造ろうと常に努力しています。それが、結果としてフランスのボルドーで造られたかのような素晴らしいワインに仕上がるんです。」と話していました。

「同じ畑で育ったブドウから作ったワインであっても、人の手が変わると味が変わる」...似たワインが出来上がるといえども、ワインの味は全て違います。全てのワインとの出会いは、一期一会なんです。それがワインの奥深さであり、人々が引き込まれるワインの魅力です。

心が踊るワイン

時にフランスのボルドーを思わせるように品があり、そこにオージーの陽気さがプラスされた、飲むと心が踊るワイン。それこそが、地理的にも国柄もフランスのボルドーとは全く違う、遠く離れたオーストラリアの地で造り出された「マーガレット・リバーのワイン」なんです。

オーストラリア、マーガレット・リバー産のワイン!ぜひ一度、ご自身の「次回飲みたいワインリスト」に入れてみてあげて下さいね!

ワイン好きが高じて、2015年にオーストラリアへ移住。WSET WineEducationにてワインを学び、現地のFine Diningでソムリエを経験。現在は日本へ向けたオーストラリアワインの輸出や現地のレストラン・バーのワインコンサルタントとして活躍。月に一度、西オーストラリア州パース市内にて、日本人向けにワイン教室を開催中。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.