八戸市の名店が集結した「グルメツアーズ はちのへ 2014 前夜祭」

出典:The Best of グルメツアーズ はちのへ 2014
8月28日八戸プラザアーバンホールで「The Best of グルメツアーズ はちのへ 2014」の前夜祭が行われました。

まず、「The Best of グルメツアーズ はちのへ 2014」とは、9月1日から61日間、八戸市のグルメツアーズ参加店にて「グルメツアーズコース」を食べた方にアンケートを実施。グルメツアーズ終了後にアンケートを集計してランチ・ディナーそれぞれのNo.1店を決めるイベントです。

前夜祭は、グルメツアーズ参加店の、自慢の料理(1品~2品)を食べる事ができるイベントです。今回、この「グルメツアーズ はちのへ 前夜祭」に出展させていただきましたので、ちょっとしたレポートをお届けします。

こちら、家ワインのブースになります。前回5月に「八戸ワインフェスティバル」にも参加させていただいたんですが、その時同様、大反響!やはり夏という事もあって、今回人気だったのは、「マルヴァジア ドルチェ ルビガリア」、「ヴァイス」と泡モノが大人気!あっと言う間にボトルが空いちゃいました。

会場の様子です。たくさんの人が入って、賑わっていました。

7枚刷りのチケットを購入して、1枚で料理1品と交換できるんですが、1人最大7品まで食べる事ができます。7品はなかなかのボリュームですよね。この1枚は後半に撮影したものなので、みなさんお腹いっぱいになって、おしゃべりモードになっています。

お料理ブースです。和・洋・スイーツとテーブルが分かれており、スイーツコーナーはアッという間になくなってました。

ちなみに私はチケットをもっていなかったので、1品も食べることが出来ず...泣

こちらは穴子のしゃぶしゃぶです...う~!美味しそう。

八戸プラザアーバンホールには約300名の方が集まって賑わい、家ワインのブースではたくさんの人で溢れ、試飲用に持っていったワインは全てなくなってしまいました。前回の「ワインフェスティバル」同様、たくさんの人たちとコミュニケーションを取る事ができたので大成功ですね!

また、「The Best of グルメツアーズ はちのへ 2014」に誘っていただいたリストランテ澤内さまには、本当に感謝しております。ありがとうございました。

The Best of グルメツアーズ 2014
【主催】八戸商工会議所観光サービス部会
【期間】2014年9月1日〜10月31日
http://www.8cci.or.jp/gourmet-guri/

海から山から、美味しいものがいっぱいの八戸。美味しいものが豊富なこの時期、グルメツアーズ参加店にて、青森県産食材満載のコースを期間限定でお楽しみいただけます。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.