シャトー・メルシャン 日本ワインづくり140年記念イベントと仕込み式をレポート!

シャトー・メルシャンの日本ワインづくり140年を記念し、8月31日に記念イベントが開催されました。当日は晴天に恵まれ、太陽がさんさんと降り注ぐ中、仕込み式など記念の催しが行われました。

 今回のイベントが開催されたのは、山梨県甲州市勝沼地区にある醸造所「シャトー・メルシャン」。1877年8月、宮崎市左衛門ら地元の有志が「大日本山梨葡萄酒会社」を創立。高野正誠と土屋助次郎の二人の青年がブドウ栽培とワイン醸造のためにフランスに派遣され、帰国した1879年から本格的なワイン造りが始まったとされています。

それでは、今回のイベントを早速お見せしましょう。

2017年の醸造作業の成功を祈る仕込み式

まずは、今年のワイン造りの開始を告げる仕込み式からスタートしました。この仕込み式には、日本のワイン造りの礎を築いた高野正誠のひ孫にあたる氷川神社の高野正興宮司が祝詞をあげました。

今回の仕込み式に使用されるブドウ品種は「甲州」です。

シャトー・メルシャンの従業員の方が、今回の仕込み式に使用される「甲州」350キロをコンベヤーに投入し、今季の仕込みがスタートしました。

その後、ゼネラルマネージャーの松尾さんより挨拶がありました。今年は台風や大雨の多い年となりましたが、契約農家さんがしっかりとブドウを管理されていて、いい状態を迎えているそうです。

最後は2017年の収穫と醸造作業の成功を祈って、従業員の皆さんで記念撮影を行い、仕込み式は終了となりました。

140年を記念して発売された新ヴィンテージと限定商品

場所をワインギャラリーに移して、シャトー・メルシャン・代野社長より、今年の日本ワインの実績や新商品「岩崎甲州」の発表がありました。

日本のワイン造りの基礎を作った、二人の生家である高野家と土屋家は、現在も勝沼町岩崎地区でブドウ栽培を行っており、「岩崎甲州」は、高野家、土屋家で栽培されたブドウを樽で発酵・育成させた甲州100%の白ワインです。

今回、テイスティングしたのは「甲州きいろ香 2016」、「岩崎甲州 2016」、「日本のあわ メトード・トラディショネル 2013」、「桔梗ヶ原メルロー シグネチャー ポン・デ・ザール 2013」の4種類です。

「甲州 きいろ香 2016」はソーヴィニヨン・ブランに似た柑橘系のアロマが強く感じて、とてもクオリティーの高く仕上がっていました。「岩崎甲州 2016」は、樽発酵・樽育成からくる焼いたパンやイーストの香りに、最後は心地よい苦味でフィニッシュ。

「日本のあわ メトード・トラディショネル 2013」は、シャルドネと甲州をブレンドした瓶内二次発酵で仕込んだスパークリングワイン。約3年間の瓶内シュール・リー製法で醸造されており、とてもクリーミーでイーストのような味わいが特徴でした。

「桔梗ヶ原メルロー シグネチャー ポン・デ・ザール 2013」はメルロー100%ですが、しっかりしたタンニンに若干のスパイスを感じました。また、熟成香を感じ、とても品のある味わいに仕上がっていました。

ランチ時にはマスター・オブ・ワインの大橋健一さんが登場。このランチに合わせた2種類ワインの紹介をしていただきました。

城の平ヴィンヤードを見学

ランチを終え、午後からはブドウ畑&資料館の見学です。

まずは、城の平ヴィンヤードを訪問。城の平ヴィンヤードは、標高600mの甲府盆地に位置し、昼夜の寒暖差は大きく、ブドウの成熟に最適な気候条件を備えている場所です。穏やかな斜面にブドウ畑が広がり、日照量も豊富でした。

この日は風も強かったです。ブドウ栽培に風はとても重要で、湿気が多いとブドウにカビが生えて病気になってしまいます。このカビからブドウを守ってくれるのが、「強い風」だそうです。

城の平ヴィンヤードには、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、シラー、プティ・ヴェルの5つの品種が栽培されています。カベルネ・ソーヴィニヨンは、1984年に垣根仕立てで植えられてから、樹齢30年を越えています。

何粒か食べてみましたが、ワイン用のブドウは糖分が高いので甘く感じました。しかし、果皮が分厚く、種が大きいのでとても食べづらかったです。やはりワイン用ですね。

日本最古のワイン醸造所を見学

シャトー・メルシャン ワイン資料館は1904年に建てられた、日本最古の木造ワイン醸造所「旧宮崎第二醸造所」にあります。館内には、当時使用していた圧搾機や樽など、とても貴重な醸造器具や資料が展示されています。

こちらは当時使用していた手動の圧搾機です。板の隙間から果汁が押し出されて、手前の注ぐ口にたまっていきます。また、ブドウの破砕機は、近くの川から引いた水流で水車を回して動かしていたそうです。

昔は全て手動か自然の力を利用して、醸造していたと思うと、何倍もの手間と時間が掛かっていたんですね。

1950年~1960年代のワインボトル。初代のシャトー・メルシャンのワインから最近のデザインまで展示されていました。当時のデザインはフランスをかなり意識したデザインになっていますね。

まとめ

2017年は日本で本格的にワインが造られはじめて140年という記念すべき節目の年、その記念に相応しいイベントでした。

<新しく発売されるワインには全て「日本」らしい要素を加わっており、これぞ日本でしか造れないワインと思いました。発売が今から楽しみです。

そして、今年の仕込みが、良いブドウに恵まれ、無事に終わるよう、家ワインも祈っております。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.