自分の手で収穫したブドウでワインが造られる! 「深川ワイナリー東京」のブドウ収穫ツアー

深川ワイナリーのワインは、日本各地の生産者の方々が丹精込めて育てたブドウを用いて造っています。実際にブドウ畑を訪れて農家の方と話をし、一緒にブドウを収穫してみませんか?汗をかいて収穫したブドウからできる、美味しいワインは格別ですよ!

ツアーは、山梨・山形・北海道の全3回開催します。※好評につき、山梨の申込締め切りました。

ツアー日程詳細

山形:2017年10月7日(土)日帰り

<ツアーの見どころ・味どころ>
大らかに流れる最上川流域は、ブドウやサクランボの栽培に適しています。ブドウ造り名人の安孫子さん、富樫さんのブドウ畑を訪れ、昼食は山形の名物、いも煮と一緒にバーベキューを楽しみます。

<スケジュール>

6:50 深川ワイナリー前集合
7:00 出発・バスにて移動
13:00 山形ブドウ農園着
13:00 昼食・BBQ
14:00 ブドウ農園にて収穫
16:00 バスにて移動
23:00 深川ワイナリー着、解散

※スケジュールは変更する可能性があります

【定員】22名 ※最少催行人数22名・添乗員同行
【料金】大人1名26,800円※子ども料金(3~12歳)21,800円 、3歳未満無料(バス座席はありません)
【申込み締切】9月22日(金) ※定員に達し次第、終了させて頂きます

北海道:2017年10月21(土)~22日(日)一泊二日

<ツアーの見どころ・味どころ>

十勝・帯広に広がる大自然。あいざわ農園さんで、ブドウの収穫とランチを楽しみます。宿泊は帯広にあるHOTEL NUPKA。リノベーションされた趣ある建物で、落ち着いたひと時を過ごせます。自由時間には、十勝・帯広の大自然を体感できる各種アクティビティをご用意しています。(料金別途)

<スケジュール>
1日目

7:15 羽田空港出発
8:50 とかち帯広空港着
9:30 あいざわ農園着、収穫
11:30 昼食
14:00 HOTEL NUPKA着
17:00 旅のはじまりパーティー
19:00 市内散策ツアー

2日目

9:00 朝食
自由時間 帯広の地域ガイドによる各ツアーやアクティビティ
18:00 東京へ出発
19:35 羽田空港着、解散

※スケジュールは変更する可能性があります

【定員】20名 ※最少催行人数5名・添乗員は同行しません
【料金】大人1名42,800円/子ども料金(3~6歳)34,800円※3歳未満のお子様は別途お尋ねください
【申込み締切】9月29日(金)※定員に達し次第、終了させて頂きます
※航空チケット代の変動により費用が変動 する可能性があります

北海道ブドウ収穫に関しましては、現在までの天候が著しくなく、ブドウが収穫できない場合がございます。その際には剪定作業などの他の作業や、生産者との懇親会に変更となります。また、各ツアー最少遂行人数に至らなかった場合にはツアー中止となります。予めご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

ツアー予約・お問い合わせ先
深川ワイナリー東京
〒135-0045 東京都江東区古石場1-4-10 高畠ビル1階
03-5809-8058
info@fukagawine.tokyo
氏名・人数・電話番号・希望するコース日程を記載の上、お電話またはメールにてお問合せください。

公式サイトはこちら 

編集部のコメント

自分の手で収穫したブドウからワインが造られる、とても素敵な体験型のツアーです。ワイン造りの工程に携われる貴重な機会なので、是非一度参加してみてはいかがでしょうか。

収穫だけではなく、出来上がったワインを飲む!という楽しみも増えますね。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.