シラーズ100%?オーストラリアでは大人気スパークリング・シラーズとは?

オーストラリアでは、クリスマスやニューイヤー等の御祝い毎で、必ず飲むほど親しまれているスパークリング・シラーズとは、シラーズ100%で造られたスパークリングワインのことです。

では、一体どんなスパークリングワインなのでしょうか?今回は、スパークリング・シラーズの魅力についてご紹介します。

発祥の地は、オーストラリア最古のワイン産地

オーストラリア最古のワイン産地は、南オーストラリア州に位置するバロッサヴァレーです。1831年に南オーストラリア会社が設立され入植者に土地が売却されました。

土地が落ち着き始めた11年後の1842年に、ヨーロッパからの移民たちによって、バロッサヴァレーはワイナリーとしての歴史を刻み始め、今もなお、当時のままである「揺るがない強い土壌」が開拓されました。

現在は、150を超えるワイナリーが点在しますが、古き良き時代の魅力は今でも失われていません。谷底は温暖、丘陵地は冷涼で、ブドウ畑が様々な位置、傾斜、方角にあることから、ブドウ品種も多種にわたって栽培されています。

今回、Schild Estate(シルド・エステート)のブランドアンバサダーJudy Schildさんにスパークリング・シラーズについて伺ったところ、「バロッサヴァレーの暖かい低地で造られたシラーズは、タンニンがソフトなので、ブドウ本来の味わいが深く、喉越しが良いことが魅力」だと、おっしゃってました。

また、「最高のシラーズがそこにあったから」と言って、大手ワイナリーの若手ワインメーカーが試しに造ってみたのがスパークリング・シラーズの始まりだそうです。

糖度、酸度、味わいがしっかりしているバロッサヴァレーのシラーズは、まさにスパークリングワインに最適なブドウだったのです。トラディショナルメソッドで造り上げ、ブドウ本来の糖度を活かすため、糖分を添加(ドサージュ)する必要は無いといいます。

出来上がったスパークリングワインのお味は?

グラスに注がれた容姿を見てうっとり。ルビー色に輝く美しい色合いは、他のワインでは表現できないスパークリングシラーズならではの魅力です。

チョコレートやレッドベリーを連想させる、とてもバランスの取れた味わい。泡の舌触りが驚くほどに滑らかでクリーミーです。ワインの個性が強く、食べ物に合わせるのが難しいのでは?と思いがちですが、オーストラリアでは「Great Food Wine」と称されているほど、どんな食べ物にも合います。

前菜からメイン、そしてチーズやデザートまで、全てをスパークリングシラーズで合わせてしまうほど!その美味しさの余り、生産量のおよそ60%以上は、オーストラリアで消費されています。輸出したくないというのが、オージーの本音でしょうか?

まとめ

良質なシラーズだからこそ、才色兼備な女性のような、美しいだけでは留まらないスパークリングシラーズが完成します。

Schild Estate(シルド・エステート)をはじめ、多くのワイナリーは、バロッサヴァレーの歴史に誇りを持ち、土壌を愛し、良質なワイン産地を守り続けています。

Judyさんは、「改革することと継続することのバランスが大切」と言い、古くからの土壌を維持しながらも、常に新しいことにチャレンジしています。

また、バロッサヴァレーでは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローのスパークリングワイン、クレアヴァレーでは、リースリングのスパークリングワインの醸造に挑戦しているそうです。

これから増え続けるであろう、バラエティが楽しみです。まずは一度、スパークリングシラーズの感動の美味しさをお試し下さい!

ご購入はこちら

ワイン好きが高じて、2015年にオーストラリアへ移住。WSET WineEducationにてワインを学び、現地のFine Diningでソムリエを経験。現在は日本へ向けたオーストラリアワインの輸出や現地のレストラン・バーのワインコンサルタントとして活躍。月に一度、西オーストラリア州パース市内にて、日本人向けにワイン教室を開催中。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.