どんな料理とも相性抜群!ビストロの定番赤ワイン


朝夕はめっきり涼しくなり、秋の気配が漂ってきましたね。こうなると食べたい料理も飲みたいワインも今までとは違うものが欲しくなってきます。

そこで今回ご紹介するのは…

2010 Metis / Domaine des Quarres
2010 メティス / ドメーヌ・デ・カール

カベルネ・フランの特徴


フランスはロワールのアンジュー産、5回目のコラム「やっと出会えたワイン?」で紹介した生産者が造る赤ワインです。葡萄はカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンを50%ずつブレンドしています。

ロワールの赤ワインはカベルネ・フランを主体にしたものが多く、ビストロの定番赤ワインの代表的存在です。フランスでビストロに入って何の銘柄も指定せず「赤ワイン」を注文すると、カベルネ・フラン主体のワインが出てくると言う話も聞いたことがあります。

カベルネ・フランはカベルネ・ソーヴィニヨンに比べて青っぽいニュアンスが強いのが特徴です。ワイン用語でピーマン香、専門用語でメトキシピラジンと言うものなのですが、カベルネ・フラン100%のワインは時としてその青っぽさが強過ぎる時もあります。

その点、このワインは半分カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしているため、カベルネ・フランの特徴を残しつつ、ピーマン的な青さが強くなることなく、程よいコクと滑らかで軽やかなワインになっています。

喧嘩しないワイン


さすがビストロの定番赤ワイン…これが色んな料理と合うんです。一言で言うなら「万能選手」ってところですかね。

コラムを執筆するに当たって、いつもテイスティングをしてメモを取るのですが、今回はお腹が減っていたので、食事をしながら何人かでこのワインを飲んでいました。料理人の友人が肉を焼いてくれたり、パスタを作ってくれました。その他にも生ハムやチーズ、冷奴、さらにはチーズスフレまで!と雑食状態だったのですが、不思議なくらいどの料理とも喧嘩をしないです。

もう少し言うと、料理に寄り添って料理の邪魔をせず、程よく引き立てて自分は表に出てこない感じです。

ワインは「料理を選ぶ」ことが多いんですが、このワインの料理を選ばない万能ぶりには正直驚きを隠せませんでした。飲食店の立場からも、これほど使いやすいワインはないと思います。

こんなに色々な料理に寄り添ってくれる万能性は大歓迎ですよね。値段もお手頃だし、家庭の料理に合わせやすい、まさに「家ワイン」な1本と言えるのではないでしょうか。

秋の始まりはこのワインを開けて色々な料理と合わせてみる。どんな料理が合うかな?と心配しなくても大丈夫。ぜひお試しください。

2010 Metis / Domaine des Quarres
参考小売価格 ¥1600(税別)

Bistro Ku hanare
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町1-5 大沼ビル5F
TEL:03-3780-7781
ランチ11:30 ~ 14:30(土日祝以外)
ディナー17:30 ~ 24:00
JR 渋谷駅南口徒歩1分
定休日:不定休
http://www.bistro-ku.com/hanare/index.html

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.