どんな料理とも相性抜群!ビストロの定番赤ワイン

朝夕はめっきり涼しくなり、秋の気配が漂ってきましたね。こうなると食べたい料理も飲みたいワインも今までとは違うものが欲しくなってきます。 そこで今回ご紹介するのは… 2010 Metis / Domaine des Quarres 2010 メティス / ドメーヌ・デ・カール

カベルネ・フランの特徴

フランスはロワールのアンジュー産、5回目のコラム「やっと出会えたワイン?」で紹介した生産者が造る赤ワインです。葡萄はカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンを50%ずつブレンドしています。 ロワールの赤ワインはカベルネ・フランを主体にしたものが多く、ビストロの定番赤ワインの代表的存在です。フランスでビストロに入って何の銘柄も指定せず「赤ワイン」を注文すると、カベルネ・フラン主体のワインが出てくると言う話も聞いたことがあります。 カベルネ・フランはカベルネ・ソーヴィニヨンに比べて青っぽいニュアンスが強いのが特徴です。ワイン用語でピーマン香、専門用語でメトキシピラジンと言うものなのですが、カベルネ・フラン100%のワインは時としてその青っぽさが強過ぎる時もあります。 その点、このワインは半分カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしているため、カベルネ・フランの特徴を残しつつ、ピーマン的な青さが強くなることなく、程よいコクと滑らかで軽やかなワインになっています。

喧嘩しないワイン

さすがビストロの定番赤ワイン…これが色んな料理と合うんです。一言で言うなら「万能選手」ってところですかね。 コラムを執筆するに当たって、いつもテイスティングをしてメモを取るのですが、今回はお腹が減っていたので、食事をしながら何人かでこのワインを飲んでいました。料理人の友人が肉を焼いてくれたり、パスタを作ってくれました。その他にも生ハムやチーズ、冷奴、さらにはチーズスフレまで!と雑食状態だったのですが、不思議なくらいどの料理とも喧嘩をしないです。 もう少し言うと、料理に寄り添って料理の邪魔をせず、程よく引き立てて自分は表に出てこない感じです。 ワインは「料理を選ぶ」ことが多いんですが、このワインの料理を選ばない万能ぶりには正直驚きを隠せませんでした。飲食店の立場からも、これほど使いやすいワインはないと思います。 こんなに色々な料理に寄り添ってくれる万能性は大歓迎ですよね。値段もお手頃だし、家庭の料理に合わせやすい、まさに「家ワイン」な1本と言えるのではないでしょうか。 秋の始まりはこのワインを開けて色々な料理と合わせてみる。どんな料理が合うかな?と心配しなくても大丈夫。ぜひお試しください。 2010 Metis / Domaine des Quarres 参考小売価格 ¥1600(税別) Bistro Ku hanare 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町1-5 大沼ビル5F TEL:03-3780-7781 ランチ11:30 ~ 14:30(土日祝以外) ディナー17:30 ~ 24:00 JR 渋谷駅南口徒歩1分 定休日:不定休 http://www.bistro-ku.com/hanare/index.html

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.