秋に飲みたい!トスカーナの古代品種「プニテッロ」で造られた赤ワイン

今回ご紹介するワインは、食欲の秋におすすめの赤ワインです。

2011 D.O.C. Montecucco Tondaia /Silvia Spinelli(2011 D.O.C.モンテクッコ・トンダイア/シルヴィア・スピネッリ )
生産地:イタリア・トスカーナ
タイプ:赤ワイン
品種:プニテッロ70%、サンジョヴェーゼ30%

造り手のシルヴィア・スピネッリは、トスカーナ南部モンテクッコでワイン造りをしている女性生産者。

生物学者として活躍していた経歴を持っており、ワイン造りを始めてからは、近年目覚ましく評価を上げているボルドー格付五級のシャトー・ポンテ・カネで研鑽を積みました。その後、自身のワイナリーをトスカーナに設立。そこで栽培するブドウ品種はサンジョヴェーゼとプニテッロの二種のみです。

サンジョヴェーゼはご存知の方も多いと思いますが、耳馴れないプニテッロという品種は、近年発見されたトスカーナの古代品種です。今回ご紹介するワインには、そのプニテッロを70%、サンジョヴェーゼを30%ブレンドして造られています。

テイスティングコメント

色合いは濃く暗い赤。縁には、やや透明性があるものの中心部は向こう側が見透かせないほど濃色です。

香りはスパイシーで甘やか。バニラ、黒コショウ、梅、桃の皮、トマト、そして濡れた石の香りを感じられます。

味わいもスパイシーで力強いものです。鉄っぽいミネラル感と豊富なタンニン、そこに先程申し上げた果実やスパイスが混ざり合う、清濁併せ呑む大らかさが魅力です。

最後に

初めて飲んだプニテッロは、タンニンが豊富でワイルドさを感じたものの、サンジョヴェーゼと共通点が多々あるように思いました。このスタイルは、これから秋にかけて最適な味わいだと思います。渋さやコクがしっかりとありながら、酸も豊富なので飲み飽きしません。

合わせる料理はなんと言ってもステーキ!霜降り脂が入った和牛よりも、安価なアメリカンビーフやオージービーフなどの赤身肉がオススメです。

分厚いカットで焼き加減はベリーレア、塩・胡椒をガッチリ効かせてワインと交互に食せば女性でも200~300gはペロリといけそうな味わいです。食欲の秋が待ち遠しくなる一本です。

こちらのワインもAnyway Grapesで購入できますよ。

Anyway Grapesご購入はこちら

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.