メルシャン、期間限定ワインバー「悪魔の晩餐会」がオープン!動画で話題の「悪魔メシ」も味わえる

スペイン語で悪魔の蔵を意味するワイン”カッシェロ・デル・ディアブロ”と、それに合う料理「悪魔メシ」とのマリアージュが楽しめるワインバー「悪魔の晩餐会」が10月25日(水)に東京・六本木にてオープンしました。

チリ、最大のワインメーカーであるコンチャ・イ・トロが手掛けるワイン「カッシェロ・デル・ディアブロ」は、あまりの美味しさから、ワインの蔵に忍び込んで盗み飲みをする者が絶えませんでした。

そんな大事なワインを守るため、コンチャ・イ・トロの創業者であるドン・メルチョー氏が「この蔵には悪魔が棲んでいる」という噂を流し、人々を恐れさせてワインを守ったという伝説が130年以上も語り継がれています。

今回、そんな「カッシェロ・デル・ディアブロ」に合う料理として提供されるのは、ハロウィンバージョンの悪魔メシ。その名も「悪魔タワー」です。

ワインに合うおつまみをアイスクリームのようにコーンに積み重ねて、ワイングラスに逆さまに入れられたユニークな料理。ワインは、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、ロゼの3種類。悪魔タワーもそれぞれのワイン合わせたものが提供されています。

カベルネ・ソーヴィニヨンに合わせた悪魔タワーは、ビーフボールとチーズボール、そして、ローストビーフが入っています。思いのほかボリュームがあるので、ワインとセットで500円であればとてもお得です!

シャルドネの悪魔タワーは、イカボールとポテトサラダ、そしてハバネロサラミ、ロゼの悪魔タワーには、ポークボールとチキンボールに生ハムが入っています。お互いが味わいを補いつつも、新たな風味を創りだしていました。

また、ハロウィンバージョンということで見た目にもこだわり、フォトジェニックな一品にもなっています。思わず、SNSでシェアしたくなるのではないでしょうか?

今回の悪魔メシはイベント限定のレシピですが、通常の悪魔タワーのレシピはこの動画でチェックできます。

店内には悪魔の蔵をイメージした装飾を施し、「カッシェロ・デル・ディアブロ」と「悪魔メシ」の美味しさを雰囲気からも楽しめる、“ハロウィン”ジェニックな空間が用意されています。 

雰囲気からハロウィンを満喫できるイベントになっているので是非、スペース六本木まで足を運んで、悪魔の晩餐会を楽しんでみてはいかがでしょうか?

店舗名  悪魔の晩餐会
 開催期間  2017年10月25日(水)~10月28日(土)
 場所  スペース六本木(東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木1F)
 入場料  500円(税込)※悪魔メシ1品+グラスワイン1杯
 営業時間  16:00~22:00(21:30 ラストオーダー)

 

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.