甘さと苦さの絶妙なバランス!リッチな味わいが楽しめる甘口の白ワイン「レ・リーヴェ」

本日は、イタリアはヴェネト州のワイナリー「スアヴィア」が造る「レ・リーヴェ」という甘口ワインをご紹介します。

Suavia Le Rive(スアヴィア レ・リーヴェ)

生産者:Suavia (スアヴィア)

生産国:イタリア ヴェネト州

タイプ:白ワイン

品種:Garganega (ガルガーネガ)

ヴェネト州の白ワインで有名ワインといえばソアヴェです。ワイナリー名の「スアヴィア」はソアヴェの昔の呼び名で、ワイナリーを所有するテッサーリ家は、19世紀からこの地でブドウ栽培をしている歴史ある一族です。

出典:https://www.thewinebowgroup.com/

そして、ソアヴェに使われるブドウ品種が「ガルガーネガ」です。ソアヴェはフレッシュな辛口ワインとして世界中で人気がありますが、実は甘口ワインもあります。

「レチョート・ディ・ソアヴェ」というワインが甘口ワインで、これは収穫したブドウを陰干しして水分を飛ばし※(注1)、その凝縮したブドウで作った甘口ワイン。レーズンの様な風味が特徴です。

※注1:ブドウを陰干しして水分を飛ばす工程を「レチョート」と言います。

しかし、今回ご紹介するワインは、レチョートのブドウではなく、遅摘みのブドウで造っています。実がなった状態で十二分に糖度が上がってから収穫したブドウで造るので、レチョートにはないフレッシュな甘さが特徴です。

このワインは樹齢85年のブドウが植わる「レ・リーヴェ」畑のブドウのみを使用し、良い年にしか造られないとても希少価値の高い一本です。

色合いは落ち着きのあるゴールド。ガルガーネガを使ったワインで、このような色合いのワインは初めて見たかもしれません。

香りはとても華やか。マーマレード、桃やグレープフルーツのコンポート、カリンなどの完熟したフルーツの要素に、ヨード香や濡れた石のミネラル感が重なってとても多層的です。

味わいとはとてもリッチです。レイト・ハーヴェストならではの過熟したブドウの風味と甘さに、金柑のようなほろ苦さの絶妙なバランスがあります。

甘口は敬遠される方が多いのですが、ぜひ飲んでいただきたい1本です。これから寒くなる季節。煮物などには絶妙の相性を見せてくれるこのワインを、この機会に是非お試しください。

スアヴィア
ビアンコ ヴェロネーゼ レ リーヴェ スアヴィア 2012 白 750ml
Amazonで見る

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.