甘さと苦さの絶妙なバランス!リッチな味わいが楽しめる甘口の白ワイン「レ・リーヴェ」

本日は、イタリアはヴェネト州のワイナリー「スアヴィア」が造る「レ・リーヴェ」という甘口ワインをご紹介します。

Suavia Le Rive(スアヴィア レ・リーヴェ)

生産者:Suavia (スアヴィア)

生産国:イタリア ヴェネト州

タイプ:白ワイン

品種:Garganega (ガルガーネガ)

ヴェネト州の白ワインで有名ワインといえばソアヴェです。ワイナリー名の「スアヴィア」はソアヴェの昔の呼び名で、ワイナリーを所有するテッサーリ家は、19世紀からこの地でブドウ栽培をしている歴史ある一族です。

出典:https://www.thewinebowgroup.com/

そして、ソアヴェに使われるブドウ品種が「ガルガーネガ」です。ソアヴェはフレッシュな辛口ワインとして世界中で人気がありますが、実は甘口ワインもあります。

「レチョート・ディ・ソアヴェ」というワインが甘口ワインで、これは収穫したブドウを陰干しして水分を飛ばし※(注1)、その凝縮したブドウで作った甘口ワイン。レーズンの様な風味が特徴です。

※注1:ブドウを陰干しして水分を飛ばす工程を「レチョート」と言います。

しかし、今回ご紹介するワインは、レチョートのブドウではなく、遅摘みのブドウで造っています。実がなった状態で十二分に糖度が上がってから収穫したブドウで造るので、レチョートにはないフレッシュな甘さが特徴です。

このワインは樹齢85年のブドウが植わる「レ・リーヴェ」畑のブドウのみを使用し、良い年にしか造られないとても希少価値の高い一本です。

色合いは落ち着きのあるゴールド。ガルガーネガを使ったワインで、このような色合いのワインは初めて見たかもしれません。

香りはとても華やか。マーマレード、桃やグレープフルーツのコンポート、カリンなどの完熟したフルーツの要素に、ヨード香や濡れた石のミネラル感が重なってとても多層的です。

味わいとはとてもリッチです。レイト・ハーヴェストならではの過熟したブドウの風味と甘さに、金柑のようなほろ苦さの絶妙なバランスがあります。

甘口は敬遠される方が多いのですが、ぜひ飲んでいただきたい1本です。これから寒くなる季節。煮物などには絶妙の相性を見せてくれるこのワインを、この機会に是非お試しください。

スアヴィア
ビアンコ ヴェロネーゼ レ リーヴェ スアヴィア 2012 白 750ml
Amazonで見る

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.