飲むだけでポカポカ!風邪予防になるホットワインの効能

ヨーロッパでは寒くなるとよく飲まれる「ホットワイン」です。温めたワインにレモンやオレンジなどの果物を入れて、シナモンやクローブなどの香辛料やはちみつを加えた、名前の通り、ワインを温めたお酒です。これからの季節で活躍してくれるので、作り方を覚えておきましょう!

また、ホットワインには様々な美容や健康にも良いといわれているので、ホットワインの効果をご紹介します。

「家ワインオススメ!家庭でつくれるホットワインレシピ特集」でレシピを紹介しているサイトをまとめているので併せてご覧下さい。

家ワインオススメ!家庭でつくれるホットワインレシピ特集

ヨーロッパでは定番の飲み物

寒くなるこれからの時期になると、レストランの食後酒としてや、バーでのホットドリンクとして見かけるようになります。まだまだ日本では馴染みが薄いようですが、ヨーロッパをはじめとする海外では、お母さんが作ってくれる定番の飲み物です。

白ワインで作るホットワインもありますが、赤ワインで作るホットワインが主流になっています。また、英語圏の外国人は「Mulled wine(モルド ワイン)」とオーダーするので、海外でホットワインを注文する際は気を付けて下さいね。ホットワインは和製英語のため、海外では通じない事があります。

ホットワインの効果

風邪に効くものとして、身体の温まる”生姜”を使った飲み物がクローズアップされます。日本でも寒い日や風邪気味のときに卵酒を飲みますが、同じような効果がホットワインにもあるので、これからはホットワインを試してみてはいかがでしょうか。ホットワインには、以下のような効果もあります。

蜂蜜:栄養素が豊富な上、グルコン酸による殺菌消毒作用があるので喉に最適。

シナモン:血糖値を抑える効果や殺菌作用・解熱作用により風邪の予防や改善等

果物:入れる果物による健康効果

以上のことから、生姜同様、風邪の予防にもなるんですね。

ホットワインの作り方

用意するのは、数百円で買える、ちょっと甘めの白や赤のワインで大丈夫です。

作り方も簡単です。まず100ccほどのワインをコップに入れて電子レンジで1分半ほど加熱します。人肌より少し熱めにするのがポイントです。

温めることでアルコールが蒸発することもありますが、味がまろやかになり、とても飲みやすくなります。お鍋で作る場合は、ゆっくりと20分間ほど火を加えてください。

これに、シナモンパウダーなどの香辛料を適量、それにしょうが汁を少々、はちみつはワインの甘味に合わせて適量を加えます。しょうが汁がなければ、市販のおろししょうがでも大丈夫です。これらをよくかきまぜて飲むと、体の芯からポカポカしてきます。これからの寒い時期にぴったりですね。

おわりに

ホットワインは、就寝前の寝酒として簡単に作ることのできる、体の温まる飲み物です。さまざまなレシピがありますので、自分好みの好きな味を探してみてはいかがでしょうか?

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.