飲むだけで体ポカポカ!風邪予防にもなる「ホットワイン」の効果と作り方

ヨーロッパでは寒くなるとよく飲まれる「ホットワイン」。温めたワインにレモンやオレンジなどの果物を入れて、シナモン・クローブなどの香辛料やはちみつを加えた、名前の通り、ワインを温めたお酒です。美容や健康にも良い飲み物とされており、寒い冬場には大活躍してくれます。

この記事ではホットワインの様々な効果をご紹介します。

「家ワインオススメ!家庭でつくれるホットワインレシピ特集」ではレシピを紹介しているサイトをまとめているので併せてご覧下さい。

家ワインオススメ!家庭でつくれるホットワインレシピ特集

ホットワインはヨーロッパでは定番の飲み物

ホットワインは、寒い冬場になると、レストランの食後酒としてや、バーでのホットドリンクとして見かけるようになります。まだまだ日本では馴染みが薄いようですが、ヨーロッパをはじめとする海外では、お母さんが作ってくれる定番の飲み物です。

白ワインで作るホットワインもありますが、主流は赤ワインで作るホットワイン。また、英語圏の外国人は「Mulled wine(モルド ワイン)」とオーダーするので、海外でホットワインを注文する際は気を付けて下さいね。「ホットワイン」は和製英語のため、海外では通じない事があります。

ホットワインの効果

風邪に効くものとして、身体の温まる”生姜”を使った飲み物がクローズアップされます。日本でも寒い日や風邪気味のときに卵酒を飲みますが、同じような効果がホットワインにもあるので、これからはホットワインを試してみてはいかがでしょうか。ホットワインには、以下のような効果もあります。

蜂蜜:栄養素が豊富な上、グルコン酸による殺菌消毒作用があるので喉に最適。

シナモン:血糖値を抑える効果や殺菌作用・解熱作用により風邪の予防や改善等

果物:入れる果物による健康効果

以上のことから、生姜同様、風邪の予防にもなるんですね。

ホットワインの作り方

用意するのは、数百円で買える、ちょっと甘めの白や赤のワインで大丈夫です。

作り方も簡単。まず100ccほどのワインをコップに入れて電子レンジで1分半ほど加熱します。人肌より少し熱めにするのがポイントです。

温めることでアルコールが蒸発するので、味がまろやかになりとても飲みやすくなります。鍋で作る場合は、ゆっくりと20分間ほど火を加えてください。

これに、シナモンパウダーなどの香辛料を適量、それにしょうが汁を少々、はちみつはワインの甘味に合わせて適量を加えます。しょうが汁がなければ、市販のおろししょうがでも大丈夫です。これらをよくかきまぜて飲むと、体の芯からポカポカしてきます。これからの寒い時期にぴったりですね。

おわりに

ホットワインは、就寝前の寝酒として簡単に作ることのできる、体の温まる飲み物です。さまざまなレシピがありますので、自分好みの好きな味を探してみてはいかがでしょうか?

サンタ バイ サンタカロリーナ カルメネール/プティ・ヴェルド 750ml
サンタ バイ サンタカロリーナ カルメネール/プティ・ヴェルド 750ml
Amazonで見る
iwaki(イワキ) 耐熱ガラス Airマグ 230ml 【2重構造耐熱ガラス】
iwaki(イワキ) 耐熱ガラス Airマグ 230ml 【2重構造耐熱ガラス】
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.