寒い冬にオススメしたい1本!リッチでボリュームのあるメルロ100%の赤ワイン

すっかり寒くなり「赤ワインの季節」になりましたね。いつもは重過ぎない赤ワインが好みの人でも、そろそろしっかりした赤ワインが恋しくなるのでは?

今回は、メルロを100%使用した赤ワインをご紹介します。

Ch. Martet Les Hauts de Martet

2014 Ch. Martet Les Hauts de Martet(シャトー・マルテ レ・オー・ド・マルテ)

原産国:フランス

原産地:ボルドー

タイプ:赤ワイン

ブドウ品種:メルロー100%

このワインは、世界遺産にも認定されているサンテミリオンの町から、南東に25kmほど離れた所にある地区、サント・フォワ・ド・ボルドー産です。使われているブドウはメルロ100%。

醸造責任者のルイ・ミジャヴィユは、サンテミリオンきっての個性派ワイン「シャトー・テルトル・ロートブッフ」を造り上げたフランソワ・ミジャヴィユの息子さん。

このテルトル・ロートブッフは、サンテミリオンの格付けワインに選ばれているわけではありませんが、その独特で個性的な世界観を表現した味わいのスタイルで大抵の格付けワイン以上の高い評価で世界中にコアなファンを獲得しています。

ちなみにテルトル・ロートブッフと言うのは「ゲップをする牛の丘」と言う意味があるそうです。ネーミングから、個性爆発!って感じですよね。

そんな独特の世界観はともかく、ミジャヴィユ・ファミリーの品質に対する姿勢は、このマルテにもしっかりと貫かれています。

「この価格帯でこのクオリティ?」と思われること間違いありません。

テイスティングノート

色合いは明るいガーネット。メルロにしては濃過ぎない、クリアーな外観で、焙煎したコーヒー豆、クレームドカシス、干した肉などの凝縮した香りに、ほんのり土のニュアンス。

豊富なタンニンにトゲトゲしさはなく、タンニンはあくまで丸みを帯びており、低めの酸と相まって、とても滑らかな印象。黒系果実の味わいと樽由来のリッチさ、そしてボリュームのあるアルコール感で飲みごたえは十分です。

このプライスでこのクオリティのワインを造れると言うことは産地の力ももちろんですが、やはり生産者の力量がとてつもなく大きいと思います。

合わせる料理

リッチな味わいは、レストランのしっかりとした料理に合わせることにより本領を発揮するでしょうが、お家でも大丈夫。肉料理なら、焼きでも煮込みでも大体問題なく寄り添うはず。寒いこの季節なら特に、ビーフシチューなどがオススメです。

料理をするのが面倒なあなたには、しっかりした味わいのブルーチーズをオススメ。ロックフォールやケソ・デ・バルデオンなどの濃ゆいチーズとの相性は格別です。

出来れば大きめのグラスに注いで。一本飲み切らなくても大丈夫。バキュバンをして冷蔵庫に保存すれば簡単に劣化はしません。数日間かけて味の変化を楽しむ、と言ったことも出来るワインです。

いかがです、飲みたくなったでしょ?寒い冬にはこういうワインを楽しんで暖かく過ごしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー・マルテ・レ・オー・ド・マルテ [2014] Chateau Marte...
価格:2570円(税込、送料別) (2017/11/29時点)

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.