寒い冬にオススメしたい1本!リッチでボリュームのあるメルロ100%の赤ワイン

すっかり寒くなり「赤ワインの季節」になりましたね。いつもは重過ぎない赤ワインが好みの人でも、そろそろしっかりした赤ワインが恋しくなるのでは?

今回は、メルロを100%使用した赤ワインをご紹介します。

Ch. Martet Les Hauts de Martet

2014 Ch. Martet Les Hauts de Martet(シャトー・マルテ レ・オー・ド・マルテ)

原産国:フランス

原産地:ボルドー

タイプ:赤ワイン

ブドウ品種:メルロー100%

このワインは、世界遺産にも認定されているサンテミリオンの町から、南東に25kmほど離れた所にある地区、サント・フォワ・ド・ボルドー産です。使われているブドウはメルロ100%。

醸造責任者のルイ・ミジャヴィユは、サンテミリオンきっての個性派ワイン「シャトー・テルトル・ロートブッフ」を造り上げたフランソワ・ミジャヴィユの息子さん。

このテルトル・ロートブッフは、サンテミリオンの格付けワインに選ばれているわけではありませんが、その独特で個性的な世界観を表現した味わいのスタイルで大抵の格付けワイン以上の高い評価で世界中にコアなファンを獲得しています。

ちなみにテルトル・ロートブッフと言うのは「ゲップをする牛の丘」と言う意味があるそうです。ネーミングから、個性爆発!って感じですよね。

そんな独特の世界観はともかく、ミジャヴィユ・ファミリーの品質に対する姿勢は、このマルテにもしっかりと貫かれています。

「この価格帯でこのクオリティ?」と思われること間違いありません。

テイスティングノート

色合いは明るいガーネット。メルロにしては濃過ぎない、クリアーな外観で、焙煎したコーヒー豆、クレームドカシス、干した肉などの凝縮した香りに、ほんのり土のニュアンス。

豊富なタンニンにトゲトゲしさはなく、タンニンはあくまで丸みを帯びており、低めの酸と相まって、とても滑らかな印象。黒系果実の味わいと樽由来のリッチさ、そしてボリュームのあるアルコール感で飲みごたえは十分です。

このプライスでこのクオリティのワインを造れると言うことは産地の力ももちろんですが、やはり生産者の力量がとてつもなく大きいと思います。

合わせる料理

リッチな味わいは、レストランのしっかりとした料理に合わせることにより本領を発揮するでしょうが、お家でも大丈夫。肉料理なら、焼きでも煮込みでも大体問題なく寄り添うはず。寒いこの季節なら特に、ビーフシチューなどがオススメです。

料理をするのが面倒なあなたには、しっかりした味わいのブルーチーズをオススメ。ロックフォールやケソ・デ・バルデオンなどの濃ゆいチーズとの相性は格別です。

出来れば大きめのグラスに注いで。一本飲み切らなくても大丈夫。バキュバンをして冷蔵庫に保存すれば簡単に劣化はしません。数日間かけて味の変化を楽しむ、と言ったことも出来るワインです。

いかがです、飲みたくなったでしょ?寒い冬にはこういうワインを楽しんで暖かく過ごしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー・マルテ・レ・オー・ド・マルテ [2014] Chateau Marte...
価格:2570円(税込、送料別) (2017/11/29時点)

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.