第9回「Champagne joie de Vivre」賞授は漫画家のヤマザキマリさん

2017年11月29日(水)に、シャンパーニュ委員会日本事務局主催「Champagne joie de Vivre(生きるよろこび)」賞授賞式及びカクテルパーティが、アンダーズ東京にて開催されました。

第9回目となる今回の受賞者は、古代ローマが舞台の漫画「テルマエロマエ」で知られる漫画家のヤマザキマリさんです。

テルマエロマエはフランス語にも訳されており、2011年にパリの本の見本市サロン・ド・リーブルで紹介され、人気を集めました。

受賞理由は、ヤマザキマリさんが描く作品全てに共通する尽きることのない創造性や、絵画のように繊細で複雑なライン。そして柔軟性のあるスタイルが、シャンパーニュの精神にも通じているということだそうです。

受賞をしたヤマザキマリさんは、「フランスは漫画に対する評価が高く、最初に翻訳された国はフランスでした。この様な賞を頂けとても光栄です。」と喜びを語りました。特別な日にシャンパーニュを楽しんでいるそうです。

授賞式にはサロンのディディエ・デュポン氏や、ブルーノ・パイヤール氏。そして来日した生産者も出席しました。

そして授賞式典後のカクテル・パーティーには、「爽」「濃」「艶」「寿」「福」に分けられた73銘柄のシャンパーニュがと並んでいました。

本国から来日したメゾンの方々が、自らシャンパーニュをサーブしてくださるという演出もありました。シャンパーニュの泡と夜景の煌めきが重なり、とても素敵なロケーションでの授賞式でした。

 

シャンパーニュ委員会公式サイトはこちら

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.