イタリアの赤ワイン品種のサンンジョヴェーゼ100%使用!瓶内二次発酵で造られる「白いスプマンテ」

フランス・シャンパーニュ地方以外の世界各国でも「瓶内二次発酵」によるスパークリングワインが増えてきました。

シャルドネなど白ブドウ品種だけで造られる「ブラン・ド・ブラン(白の白という意)」や、赤ワイン用の黒ブドウ品種から造られる白いスパークリング「ブラン・ド・ノワール(黒の白という意)」など、多種多様な瓶内二次発酵によるスパークリングワインが存在します。

今回はイタリアの赤ワイン用品種のサンジョヴェーゼ種から、シャンパーニュと同じ製法(瓶内二次発酵)で造られるヴォルパイア社の白いスプマンテの特徴と味わい、そしてヴォルパイア社についてご紹介致します。

サンンジョヴェーゼ100%で造られる「白いスプマンテ」

Spmante Brut Metodo Classico 2009 Volpaia(スプマンテ・ブリュット・メトード・クラッシコ 2009 ヴォルパイア)

原産国:イタリア

原産地:トスカーナ

タイプ:白・スパークリング

ブドウ品種:サンジョヴェーゼ100%

アルコール:12.5%

「キアンティ・クラッシコ」の生産者であるヴァルパイア社が、2009年に赤ワイン用品種「サンジョヴェーゼ種100%」による瓶内二次発酵(シャンパーニュ製法)の「スプマンテ7」を新たにリリースしました。

赤ワイン用の品種ですが、果皮を取り除いているため、仕上がりは「白いスプマンテ」となります。赤ワイン用のブドウ品種から造られる白いスパクリングワイン、シャンパンは、一般的に「ブラン・ド・ノワール(黒の白)」と言われます。 

造り方は果皮を取り除いたサンジョヴェーゼ種をアルコール発酵させた後に、フランス中央部にあるオーク樽の産地である、アリエ産のバリック(小樽)で6ヶ月熟成させます。その後、シャンパーニュと同じ製法である瓶内二次発酵を60ヶ月(5年)という長期間、1本1本丁寧に行います。その間シャンパーニュ同様にルミアージュ(動瓶)、デゴルジュマン(澱引き)も行います。

ワインのタイプと特徴

果皮を取り除いているので「白いスプマンテ」となりますが、赤ワイン用品種のサンジョヴェーゼ種を使用しているため、少し赤みがかった色合いのイエローやグレーをしているのが特徴です。

香りは柑橘系やハーブの爽快な中に小樽熟成による、アーモンドのようなナッツ香が広がります。

味わいにもサンジョヴェーゼ種による酸や渋みの特徴が現れていて、辛さとミネラル感に程よいコクのある果実味と、キレを兼ね備えた珍しい「ブラン・ド・ノワール」といった感じです。キレとコクのある味わいなので魚介系は勿論、焼肉や焼鳥、中華料理などにもよく合うオールマイティなスプマンテです。

イタリア・トスカーナ州のワイナリー「ヴォルパイア社」とは?

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(ヴォルパイア社)は、イタリア中部トスカーナ州のラッダ・イン・キアンティという地域の家族経営ワイナリーです。その名の通り、この地域は「キアンティ・クラッシコ」を生産する地域で、ヴォルパイア社も拠点を置く生産者の一社です。 

ヴォルパイア社が所有する37haの自社畑では、オーガニック農法も取り入れられていて、代表的な品種でもあるサンジョヴェーゼ種のクローン研究(※1)など、新たな改革にも力を入れています。

ワインもサンジョヴェーゼ種を使用するキアンティ・クラッシコが最も有名で、「自然農法によるブドウ本来の旨味」を味わえる高品質なものを多数産出しています。また、ヴォルパイア社はワイン造りの他に、オリーブオイルの生産や、オステリア(レストラン)、イタリアの田舎を体験する事ができる宿泊施設のアグリツーリズモ(※2)なども営んでいるワイナリーです。

(※1)クローン(CLONE)=1つの母株に、挿し木または接ぎ木を行い、生み出されたブドウの株の事
(※2)アグリツーリズモ=Agri(農業の)、turismo(観光)

まとめ

イタリアのトスカーナ州にあるヴォルパイア社は、キアンティ・クラッシコで有名な生産者ですが、新たな取組みとともに極僅かなサンジョヴェーゼ種による瓶内二次発酵のスプマンテも生産しています。

赤ワイン用の品種で造られることから、シャンパーニュでいうところの「ブラン・ド・ノワール」的なスプマンテです。製法はシャンパーニュ以上の60ヶ月という期間をかけて「瓶内二次発酵」される非常に珍しいアイテムです。

元々ヴォルパイア社のプライベート的なスプマンテで生産量も大変少ない事から、あまり市場にも出回っていません。ぜひ希少なスプマンテを味わってみてはいかがでしょうか?「見つけた時が買い時」です。

ご購入はこちら

JSA認定シニアソムリエ/ワインコーディネーター/ワインセラー
都内フレンチレストランでワイン業務に従事した後に九州へ帰郷。2005年にJSA認定シニアソムリエの資格取得。現在は九州の酒販店のワインセールス業務の傍ら、「フリースタイルワイン&フード」を主宰。主に九州一円でのワインイベントや九州ワイナリーツアーを企画・開催。また、料飲店様向けのワインコンサルとしても活動中。個人的には五島ワイン(長崎)の応援団も勤める。趣味は料理。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.