アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です!

とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時にソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?

「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

道具いらずで簡単に開けられる!エコでコンパクトだからアウトドアで重宝する

真空ハジーボトルの容器はプラスチック製なので、一般的な瓶のワインボトルと比べるとかさばらず、とても軽量です。キャップは2重構造のスクリュー式のため、ボトルにワインを詰め替えておけば、飲むときにソムリエナイフなどの道具は一切必要ありません。

容器は300ml・500ml・1Lと3種類あるので自分の好きな分だけ持ち運んだり、ワインを小分けに保存することができます。洗えば何度も使うことができるのでエコで環境にも優しい容器です。

A4サイズのバックの中にもすっぽり収納でき、とっても手軽に持ち運べるので、登山やキャンプ、海やBBQなど場所やシチュエーションを選ばずに、自分の好きなワインを楽しむことができます。

倒れても液だれしない!真空だからワインへの振動ダメージが少ない

ハジーボトルは真空状態を保てるのでワインへの振動ダメージがなく、キャップでしっかり密閉できるので、例え倒してしまっても液だれしません。実際に容器を振り回してみたのですが、漏れ出すことはありませんでした。

自宅で保存をする場合も真空状態にしておけば、数日に分けて少量ずつ飲んでも、そのまま保管しても酸化を防いでくれる優れもの。真空なので、振動によるワインの劣化も心配ありません。

湿度管理や乾燥の心配もないので、詰め替えて冷蔵庫に入れておけば、場所をとらないワインセラーに早変わりします。アルミ製の容器もあるので、光による劣化もしっかりと防ぎたい方にオススメです!

真空容器がワインの保存に最適な理由とは?

ワインは酸化が進むと徐々に香りや果実味が減少し、酸味が目立つバランスの悪い味わいになってゆきます。開栓したワインを長持ちさせるには、ワインが空気と触れない状態で保管をすることが大切です。真空容器は酸素を遮断してくれるのでワインの保存に最適で、詰め替えておけば開栓後のワインでも美味しく味わうことができます。

「真空ハジーボトル」は、流体力学を応用した各種機能容器の技術開発と製造を行っているハジー技研株式会社が開発した真空保存容器です。元NASA研究員の方が開発に携わっていて、経済ドキュメンタリー番組の「ガイアの夜明け」にも取り上げられた商品です。 

真空ハジーボトルの使い方

「真空ボトル」と聞くと、作業が難しそうに感じませんか?実はとっても簡単!ここでは真空ハジーボトルの使い方をご紹介します!

【1】 白いキャップを外します。

【2】 保存したいワインを注ぎます。

【3】 容器の約80%のラインまで注いだらキャップを閉めます。

【4】 キャップの上部にある小さいキャップを外します。

【5】 空気が抜けきるまでボトルをまっすぐ立て、ゆっくりと空気を押し出します。

【6】 最後にワインが先端ノズルから出たら真空完了です!

注ぎ口も小さすぎずボトルが自立してくれるので、とても簡単に詰め替えて真空にすることができました。

詰め替え後は、キャップ先端部の小キャップのみを外して注げば、真空の状態のまま簡単にワインをグラスに注ぐことができます。注ぎ終わったら小キャップを閉めれば、真空のまま保存できます。

今回の写真では300mlの容器を使用しています。1Lの容器を使うとワイン1本(750ml)を全て詰め替えることができます。

まとめ

いかがでしたか?自宅でのワインの保存やアウトドアで活躍してくれる真空ハジーボトル。割れないグラスは数多くあるけれど、酸化も防げる上にエコでコンパクトなボトルは、ワイン好きにはとても嬉しいグッズではないでしょうか?

ワインだけはなくジュースやオリーブオイルなど、多種多様な液体に使用することができます。家ワイン編集部でも使ってみたところ、飲み残したワインの保存から持ち運びまで、とにかく使い道が豊富でとても便利だと感じました。プラスチック製の容器なのでワインの香りへの影響が気になるところですが、詰め替えてすぐのワインも2週間後のワインも、香りに影響は感じませんでした。ワインライフの幅を広げてくれる真空ハジーボトル。ぜひ試してみてくださいね。

【サンクゼール】HAGY(ハジー)液体用 真空保存ボトル 1000ml


楽天市場でのご購入はこちら

【ハジーボトル取扱い店舗一覧(サンクゼール

 ・サンクゼール 銀座シックス店

・サンクゼールワイナリー本店

・サンクゼールワイナリー軽井沢旧道店 

・サンクゼール ルミネ横浜店 

・サンクゼールワイナリー軽井沢店 

・サンクゼール エスパル仙台店 

・サンクゼール あべのハルカス店 

・サンクゼール セレオ国分寺店

ハジーボトル取扱い店舗一覧

 

【商品スペック】

容量: 300ml・500ml・1L(3種類)
材質: ガスバリア性の高い透明蒸着PET
使用対象: コーヒー・ワイン・醤油・酒・オリーブ油・ジュース・メープルシロップ等(各種飲料、アルコール、界面活性剤、各種薬品)
使用不可液体及び条件: 炭酸飲料、狭雑物(ゴマ、果皮etc)が混合したもの、強酸性液、強アルカリ液、電子レンジの使用不可
使用温度: -15℃ ~ +110℃
特徴: 透明蒸着、紫外線カット(97%)、高熱殺菌セミレトルト(115℃対応)、内部透視可能、真空保存、全量吐出、高熱殺菌、繰り返し使用可能、液ダレなし(バックフローシステム)
原産国: 日本
ブランド: ハジー技研株式会社


ハジー技研株式会社 公式サイトはこちら

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.