レストランにワインを持ち込む「BYO」のマナーと注意事項

近年、日本でも浸透し始めている「BYO」とは、「Bring Your Own」の略で、レストランに自分の好きなワインを持ち込んで楽しむことを意味し、オーストラリアでは主流のスタイルです。

「BYOだと、レストランでのお会計はお食事代だけで済むからお得♪」という考えは大間違い!今回は、BYOの本当の意図とマナー、そして注意しておくことをご紹介します。

BYOが始まったきっかけとは? 

そもそも、どうしてBYOというスタイルが広まったのか?それは、“ワインを大切で特別なもの”と捉える想いから広まりました。

自分のお誕生日年のワインや結婚記念日に必ず飲むワイン。さらに、あの時飲んだ思い出のワイン……など、ワイン好きの方なら自分にとって特別なワインがあると思います。

優秀なソムリエさんが居て、素晴らしいワインリストを抱えるレストランであっても、お客様一人一人のスペシャルなワインを常備することは難しいですよね。そこで、あなたの特別なワインと私たちの食事を楽しんでもらえるなら、ぜひ!というレストラン側のお心遣いから誕生したのがBYOスタイルです。

そんなBYOが、オーストラリアで瞬く間に浸透した背景には、オーストラリアがワイン大国であるということや、国民性が大きく影響していました。

オーストラリアにはワイナリーが数多く点在していることもあり、オーストラリアの人々は自分自身でワイナリーを訪れ、ワイナリーで見つけたお気に入りのワインをどこへ行く時も持参します。

レストランやホームパーティー、そして、プレゼントや仕事のミーティングなど、日々の生活の中で自分がワイナリーで見つけた、とってきおきのワインや、そのワイナリーでの話を大切な人たちと共有したいのです。そんなワイン愛好家の和が、BYOというスタイルの人気に火をつけました。

BYOをする時の注意事項とポイント

BYOを行うときのポイントとなるのは、なんと言っても「コミュニケーション」です!今回はポイントとなるレストランとのコミュニケーションと、ワインとのコミュニケーションをご紹介します。

レストランとのコミュニケーションのポイント

・行きたいレストランは、BYOを受け入れているのか

・BYOにかかる費用は?(これにはレストランのグラスをお借りすることや、そのワインをレストランで提供してもらうサービス料が含まれます)

・レストランのグラスウェアはどんなもの?(ワインはとてもデリケートです。レストランで使用されているグラスと自分の持参したいワインが合うかどうか事前にチェックすることも大切です。オーストラリアでは、ワインと一緒に自分のグラスを持参するケースもあります。)

・レストランの方へ、持参したワインをティスティングして頂くことを忘れずに(素敵なワインを共有すれば、きっとそこから素敵なご縁が広がるはずです)

・出来れば、乾杯のワインなどグラス一杯くらいは、そのレストランのワインをオーダーしましょう。

持ち込むワインとのコミュニケーションのポイント

・ワインの温度管理(BYOでの温度管理は、自己責任です。白ワインであれば、食事する時に冷えた状態で提供してもらえるよう、事前にレストランに持って行くなど対処法を考えましょう。室温状態の白ワインをレストランに持参して、冷凍庫で急いで冷やして欲しい!などというリクエストは、ワイン愛好家ならご法度です。)

・デキャンタージュが必要かどうか(自分が飲みたいワインにデキャンタージュが必要であれば、事前にレストランにデキャンタージュが可能か問い合わせましょう。自宅でデキャンタージュを済ませた状態でBYOを行うとスマートかもしれません。)

そして、近隣のワインショップとの交流も、とても大切なことです。

ワインショップでお気に入りのワインを最高の状態で保管しておいてもらい、ピックアップしてからレストランへ向かう……など、レストランの近くや、会社の近くに信頼出来るワインショップを持つと便利です。

レストランへ郵送してくれるサービスを行っているワインショップさんも、チェックしておくと良いですね。ワインを取り巻く人たちの交流を深め、和を広げてくれることも、BYOの楽しみ方や魅力の1つです。

BYOにおすすめのワイン

ここからはBYOにおすすめのワインを紹介します。初めてBYOを行う方は、どんなお料理にも合わせやすいワインを選ぶと良いでしょう。

ジン・シロッコ・レッド(ZIN SIROCCO RED 2015)

シラーズ・カベルネソーヴィニヨン・メルローのブレンド。シラーズのコク、カベルネソーヴィニヨンの骨格、メルローの柔らかさをうまくブレンドし、魅力忠実に表現したワイン。幅広い食事に合う万能ワインです。

新橋WINE LISTにて販売中

プロセッコ コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ ブリュット(N.V.)

グレーラから造られたスプマンテです。果実味が豊富な、他のプロセッコと比べると、少しシャープでキレのあるブリュットタイプのプロセッコ。誰からも愛され、お食事のスタートとしても最適な1本です。プロセッコをBYOするのは人気なんですよ。

モンテ物産
ベッレンダ プロセッコ・スペリオーレ・コネリアーノ-ヴァルドッビアーデネ・ブリュット 750ml [イタリア/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

ジャラリッジ・クラシック ホワイト 2014

オーストラリアならではの、シャルドネ・ソーヴィニヨンブラン・セミヨンのブレンド。重すぎず、豊かな香りでお食事のスタートを盛り上げます。

新橋WINE LISTで販売中

グレイスロゼ 2016

カベルネソーヴィニヨン中心に造られた1本。日本の風土で醸され、和の食卓とも合わせやすい深みのある味わいとコクが、お食事の味わいをより豊かにしてくれます。

グレイス ロゼ [2016]

 

そしてBYO上級者には、少し貴重なワインをワインのストーリーを添えてBYOして頂きたいものです。素敵な席に華を添えてくれること間違いなしの1本をご紹介します。

ムールールー・リミテッド・リリース・シラーズ 2014

丁寧に育てられた樹齢165年以上のシラーズのブドウから造られたワイン。年間200ケース分のみ造られている貴重なワインです。歴史を感じるアロマティックな味わいと繊細なタンニンをお楽しみ頂けます。

ご購入はこちら

持ち込みができるお店の紹介

新橋三丁目魚市場

美味しいお魚と鳥料理で、様々なワインを楽しめます。

食べログサイトはこちら

とうり

多くの焼き鳥店がひしめく新橋の中でもぴか一のクオリティの人気店です。焼き鳥と上質なワインを楽しめます。

食べログサイトはこちら

おくう 新橋店

上質な和牛とワインのマリアージュをぜひ。サービスも素晴らしい焼肉店です。

食べログサイトはこちら

地域のワインセラーでありたいと、2017年に東京都新橋にオープンしたWINE LISTでは、新橋近隣のレストランに合うワインを最高の状態で保管しています。また近隣のWINE LIST BYO受け入れレストランには、配達も可能です。

「WINE LIST ワインリスト」店舗情報

所在地:東京都港区新橋3-9-3

電話:070-5569-0434
営業時間:17:00~23:00 
(土日祝日・年末年始は定休)

 

WINE LIST紹介記事はこちら

まとめ

BYOの由来やマナーを書きましたが、何よりも大切なことは、自分が今日飲みたいワインと美味しい食事を楽しむということです。今日飲みたいワイン。それこそが、特別なワインです。BYOを通じて、ワインを愛する人の和が広がりますように。

ワイン好きが高じて、2015年にオーストラリアへ移住。WSET WineEducationにてワインを学び、現地のFine Diningでソムリエを経験。現在は日本へ向けたオーストラリアワインの輸出や現地のレストラン・バーのワインコンサルタントとして活躍。月に一度、西オーストラリア州パース市内にて、日本人向けにワイン教室を開催中。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.