笑顔溢れる料理を提案してくれる料理教室「サロン・ド・ルージュ」

自宅でサロン形式の料理教室を開催…笑顔が溢れる料理、そして、身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案しています。食べることや作ることがより一層楽しくなる…そんな至福の時間を作ってくれる魅力的な料理教室「サロン・ド・ルージュ」。

ワインを楽しむ人はどのような人たちなのか?
WINE LOVERにスポットを当てた「LIFE WITH WINE」第5弾は、数々のメディアで活躍し、東京は世田谷にて少人数制料理教室「サロン・ド・ルージュ」を営む、かわごえ直子さんにお話しをうかがってきました。

Q.どうして料理研究家になろうと思ったのですか?
もともとお料理が好きだった事もありますが、やはり一番は母の影響でしょうね。私が小さかった頃はレシピ本はあまりなかったと思います。例えば、チーズと言えばプロセスチーズしかなく、ビーフシチューの「ルー」もなかったと思います。そんな時代に母は、レストランで食べた料理を自宅で再現してくれてたんです。ビーフシチュー、アップルパイなど、本当に色んな料理を作ってくれたんです。
また、友達が遊びに来ると、料理やお菓子を振る舞ってみんなが笑顔になっていくんです。そんな母の姿を見て、料理の道を目指すようになりました。

Q. メニューやレシピを考えるコツはなにかありますか?
旬や季節の料理から考えるんですが、今の時代、何でもありじゃないですか?
スーパーやコンビニで何でも買えるんです。お菓子なんて、自分で作らなくても、買っちゃった方がオシャレで美味しくて安いですからね。少し考えて誰もが考えつかないような、ちょっと変わったモノを作るように心がけています。

先日、面白いデザートを作ったんですが、林檎を電子レンジで煮て潰して、缶の小豆と混ぜるんです。林檎の酸と小豆の甘味が合うんです。そこに安倍川餅をきなことシナモンを付けて上に乗っけるだけなんですが、こういうデザートってあまり外で売ってませんよね?とっても簡単でなるべく見たことがないレシピを考えるようにしています。


Q.川越さんの得意料理、もしくは得意ジャンルを教えて下さい。
私は、創作料理が得意なんですが、特に和食が得意ですね。それをちょっとアレンジしたものを、サロンで紹介しています。和のテイストをアレンジしたものが多いですね。あとは、お酒のつまみです。合わせるお酒は特に拘らず、ワインから日本酒から、「これ合いそう」と思ったら、味を見て作っちゃいます。

Q. 川越さんは「ワインと料理のマリアージュ」等、数々のワインと料理のレシピ本を手掛けていらっしゃいますが、中でもワインと相性の良いオススメ簡単おつまみ、もしくは料理教えて下さい。
これからの季節にピッタリの「生ハムなめ茸のクロスティーニ」です。
人を呼んで家でパーティーをすると、実は結構な出費になると思うんです。そこで、身近な素材で、手頃な値段で作れる…そして、「これがあるといいな」と思うおつまみがコレですね。家で飲むときは身体にも優しいおつまみがいいですよね。
※こちらのレシピはかわごえさんのコラムでご紹介しています。


Q.川越さんは普段はどういったシーンでワインを飲まれるんですか?
やはり人が来ることが非常に多いので、そういう時にワインを開けます。私はワイン以外のお酒も好きで、日本酒、ウイスキーも飲むんですけど、私の友達はワインが圧倒的に多いんですね。あまり、ビールや焼酎をずっと飲む友達は少なくて、人が集まって飲む時はワインですね。スパークリングでスタートして、白ワインにいって、赤ワインに行く感じで、次々と開けちゃいます。

誰かと飲むのはすごく楽しいので、1本、2本とついつい飲んじゃいますが、1人で飲むことはないんです。お酒は好きなんですけどね…1人で飲むことがなくて、やはり話しながら飲んだ方がお酒も進むし、おつまみも誰かと飲んでいる時じゃないと「作ろう」って気にならないんです。やはり人が来た時に喜んで貰えるおつまみを作ろうと思うし、ワインと合わせて食べた時に「このワインに合うね」とか、ワインと料理で会話も更に弾んでいくんです。

Q.普段使ってらっしゃるワイングッズやお気に入りのテーブルウェアを教えて下さい。
自宅でパーティーする際、氷を出すのって大変じゃないですか?そこで普段よく使っているのが、エミールアンリのワインクーラーです。ブルゴーニュ地方の耐熱陶器で、フランスでは非常に有名なブランドなんです。同じフランスで有名なル・クルーゼよりも古いんですよ。


氷って意外と自宅にないですし、このワインクーラーだとラベルも濡れずにテーブルもすっきりするので、すごく重宝しています。でも、すぐに飲んじゃうから、テーブル出しとけって言われるんですけどねっ…笑

あと、飾りで気に入っているのがこれです。


木箱をもらった時に、壁に掛けると可愛いかなと思って、自分で釘を外して、ニスを塗って作りました。言葉にすると非常に簡単そうにですが、すごく大変だったんです。途中でやめようかなと思っちゃいました。

Q. セラーの中にあるワインが気になるんですが…
デイリーワインばかりですよ。ここから出すだけで、美味しく見えるじゃないですか?でも、1本だけ息子の誕生年の「シャトー・ムートン・ロートシルト」があります。10年前に購入したものなんですけどね。これは息子が20歳になったら、一緒に飲もうと思っています。


Q. 最後に、ワインを楽しむコツなどございましたら教えて下さい。
そうですね。色々なワインがあるので、私はお店に行って店員さんに色々聞いちゃいます。試飲が出来れば試飲をして、それに合わせておつまみを作っていくんですが、それが私の中では「ワインを知る」楽しみになっています。やっぱり、ワイン選びやおつまみを作るところも含めて、楽しむ事は大事だと思います。


サロン・ド・ルージュ
東京都世田谷区
田園都市線、駒沢大学駅から徒歩7分。
三軒茶屋駅より徒歩12分。
世田谷線、西太子堂駅から徒歩10分
http://s-rouge.com/



家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.