これぞ芸術!職人たちの匠の技が詰まった逸品「クロラギオール」

昨年、書かせていただいたコラム「刃物で有名な街ティエールから新作登場」で紹介したソムリエナイフ「Clos Laguiole(クロラギオール)」が届いたので、改めてご紹介させていただきます。

名工 クロード・ドゾルムの技術

このクロラギオールはフランスの「Claude Dozorme(クロード・ドゾルム)」が手掛けています。1902年にティエールに誕生した「Claude Dozorme」のカトラリーは、斬新なモデルやデザインが非常に魅力的です。

また、デザインだけではなく、手にとる事で分かる職人たちの匠の技、そして、何と言っても「伝統と革新」が結び付いたモノ作り。機能、素材、デザインにおいて、ここまで高い次元で古き良きモノと革新の融合は他にないと思います。

「Laguiole(ラギオール)」とは、村名のため一般名称扱いされていて、登録商標にはならないためあちこちで使われているので注意して下さい。

クロラギオールの特徴

どのソムリエナイフも同じですが、使用していくにつれて、フックやスクリューが緩くなってしまいます。もちろん商品毎に差はあります。

ここで、シャトーラギオールと比較した場合、シャトーラギオールはフックが緩くなっても、正規品であれば修理が可能です。ただ、フランスでの修理になるので代理店に送ってから、手元に戻ってくるまで数カ月掛かってしまいます。 ※ソムリエナイフは消耗品なので、一生モノと思わないで下さいね。

今回ご紹介するクロラギオールの特徴はフック、スクリューの固さを自ら調整する事ができる点です。もちろん、使用していくうちに、緩くなった場合も調整する事が可能です。ソムリエナイフのフックの固さというのは、自分の好みの固さに調整できるソムリエナイフは私の記憶ではなかったような...。

男性であれば少々固くても問題ありませんが、女性であれば少し緩い方が使いやすいと思うので、好みの固さに調整できるというのはこのソムリエナイフの最大の魅力ですね。

さらにスクリューは、根元が太く先端にいくほど細くなる特殊形状になっていますので、コルクに挿しやすく、かつ高いホールド力を実現しています。まさに、歴史、デザイン、機能と三拍子揃ったソムリエナイフです。

おわりに

熟達した職人たちがクラフト魂を込めて一品一品仕上げるクロラギオール。大量生産品では決して持ち得られることのできないハンドメイドの温もりと誇りが感じられます。

購入はこちら

商品詳細

商品名:Clos Laguiole(クロラギオール)

メーカー:Claude Dozorme(クロード・ドゾルム)

本体サイズ:長さ126mm  ハンドル厚約14mm  最大幅20mm

本体重量:約134g

付属品:専用ドライバー×1  革ケース(ベルト通しタイプ)  保証書×1(通常のご使用において製造上の欠陥に対して保証)

生産国:フランス(ティエール)製

ホームページ | facebook
ワインコルクが簡単に抜けたり、一瞬でワインがまろやかになったり、ワインが美味しく感じるグラスがあったら良いと思いませんか? ワインをより深く知るために、ワインアクセサリーを学んでいきましょう♪

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.