【サッポロビール】グランポレール最高峰のシングルヴィンヤードから新ヴィンテージ発売!マリアージュ体験イベントを開催

出典:http://blog.sapporobeer.jp/blog/
近年では、国内のみならず海外からも注目が集まっている日本ワイン。味わったことがあるい人も、そうでない人も、日本ワインをより身近に。そして美味しく味わうことのできるイベントが開催されるので、ご紹介します!

世界品質の日本ワイン「グランポレール」のシングルヴィンヤードとは?

サッポロビールが販売するグランポレールは、日本ワインコンクールやIWSC(インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション)などで数多くの受賞歴を誇り、国内のみならず海外からも注目が集まっています。

そして、そのグランポレールの最高峰である「シングルヴィンヤード」は、国内で育った国産のブドウ100%を使用し、単一畑で栽培されたブドウのみを使用した、数量希少なワイン。ブドウの個性を豊かに表現していることが最大の魅力です。

そんなシングルヴィンヤードシリーズから、3つの新ヴィンテージワインが3月6日(火)に発売されます。発売を記念して、ワインと一緒にマリアージュを楽しめるイベントが「グランポレールワインバートーキョー」で開催されますよ。

イベント内容

近年、余市はワイナリーも続々と誕生し、ワイン用のブドウ産地として大きく注目を浴びています。弘津ヴィンヤードは1990年からブドウ栽培に取り組む先駆者であり、余市の若手栽培家からも尊敬を集める存在です。 

グランポレールのフラッグシップシリーズである、シングルヴィンヤードシリーズは、弘津ヴィンヤード産100%の「北海道余市ピノ・ノワール」とグランポレールの自社畑である「安曇野池田シリーズ」で構成されています。

今回は、その「北海道余市ピノ・ノワール」と「安曇野池田シリーズ」を一度にお楽しみいただけるスペシャルな趣向!北海道・余市から協働契約栽培農家の弘津敏氏さんお迎えし、対するはグランポレール若手ワインメーカー、渡邉 真介氏。

チーフワインメーカー工藤氏の元で、シングルヴィンヤードシリーズすべての醸造に関わる、グランポレールの次世代を担う星。

さて、どんな栽培秘話、醸造秘話が飛び出すでしょうか?!

イベント情報

【グランポレールの最高峰、シングルヴィンヤードの新ヴィンテージとマリアージュをお楽しみいただく会】

開催日:2018年4月8日(日)
開催時間:12:30~15:00
開催場所:グランポレールワインバートーキョー
定員:46名
料金:1人あたり6,480円(税込)

 

お申込みはこちら

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.