天体の動きと共に造られるビオディナミワインとは?ビオワインとの違いは?おすすめワインをご紹介

ここ数年一気に人気となった自然派ワインですが、その中でも“ビオディナミワイン”というものを皆さんはご存知でしょうか。

有機農法ワイン(ビオワイン)や自然派ワイン(ヴァン・ナチュール)とは定義が異なり、ビオディナミワインは化学品を排除するだけではなく、自然の力を使ってブドウ本来の力をより大きく引き出すのです。

今回はそんなちょっと複雑であり、魅力的なビオディナミワインについて理解を深め、皆様に新しいワインライフを楽しんで頂きたいと思います。

この記事では、ビオディナミワインの特徴を大きく3つに分けて解説してまいります。

ビオディナミワインとビオワインの違いは?

ビオディナミワインは、ビオワインの一種であるということがまず前提に挙げられます。ビオワインは化学除草剤などを一切使わず、ワイン造りにおいても酸化防止剤などの添加量がごく少量であることが義務付けられています。

これらはビオディナミにおいても同様で、ビオディナミワインであるということは大前提にビオワインの規定を満たしていなければならないということになります。 

天体の動きと共に造られるビオディナミワインのブドウが魅力

ビオディナミワインは、宇宙の流れや天体の動きを基にブドウ栽培が行われます。これはビオディナミワインについて、もっとも面白い特徴です。

一般的に考えられる太陽の存在ではなく、天体の中でも特に月の満ち欠けのリズムに注意を払いながらブドウの栽培、ワインの醸造を行います。

月には主に2つのリズムがあり、一つは満ち欠けの周期、そしてもう一つは高度の周期があります。満月の時、また月の高度が高くなる時期は内から外へ力が湧き出し、「外面化、拡張、成長の力」が高まります。反対に新月の時、月の高度が低くなる時期には、「内面化、凝縮、将来のための蓄え」をする時に当たります。

これらの周期を基に考案された「種蒔きカレンダー」に従って耕作、調合剤の散布、収穫などの農作業を行う日を決めるのです。こうすることでブドウや畑のポテンシャルを最大限に引き出します。

これは栽培者が自分の畑を部分的に見ているのではなく、広大な宇宙の一部として捉え、全体の影響を強く受けているという思想から生まれたものです。

土地本来の力を最大限に生かす造り手の考え方がビオディナミワインの魅力

ビオディナミの考え方は、土地本来の力を大きく活用することが基になっています。またブドウの病気に対する見方が東洋医学的であることが挙げられます。

すなわちブドウが何らかの病気にかかった時には、ブドウ単体で症状を見るのではなく土地レベルで考え、それを自然界のバランスが崩れたサインと見るのです。

そのためにすることはブドウそのものに薬を投与して一時的に治そうという西洋医学的な手法ではなく、なぜ畑がバランスを崩したのか土の健康状態を把握すること、そしてバランスを整えていくという行為です。

具体的には自然界に存在するもののみを由来とした植物の煎じ薬を調合し散布します。科学的根拠はまだ証明されていない部分はあるものの、この造り手の想いや自然界のパワーを感じられるビオディナミの手法はただの自然派ワインとは全く異なります。古くからの物の見方を大切にしている造り手からのこういった強い意志や働きかけがビオディナミワインを素晴らしいものにしていることは間違いないでしょう。

おすすめのビオディナミワイン

最後に、自宅でも気軽にビオディナミワインを楽しんでいただけるように、手頃なものを紹介させていただきます。

レ・ヴィニョー
レ・ヴィニョー プティ・シャルドネ フランス産白ワイン ビオディナミ SO2無添加 クール便
Amazonで見る
アルベール・マン
Ecocert認証 ビオワイン クレマン・ダルザス アルベール・マン エクストラブリュット 750ml 泡 ビオディナミ ビオロジック スパークリングワイン
Amazonで見る
DIONY
クルビサック・パンドラ 2012 【オーガニックワイン】【フランス】【ビオワイン】【コスパワイン】【ビオディナミ】【ギフト】
Amazonで見る

まとめ

以上、ビオディナミワインの3つの特徴をお話しさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

筆者はオーガニック万歳人間というわけではありませんが、宇宙の流れに即して栽培や醸造を進め、ブドウ本来の力を最大限に引き出すビオディナミの思想に感銘を受けています。それはワインの醍醐味である、造り手がワインに込めるエネルギーと愛情を感じながらそのワインを味わえるというところにあります。

ちなみにビオディナミワインを飲む際も月の満ち欠けのタイミングを意識して、自身の内面や外面であったり、拡張や凝縮など自己対話とともにワインを楽しんでみてくださいね。きっと新しいワインと自分の発見に繋がりますよ。

白水社
ビオディナミ・ワイン 35のQ&A
Amazonで見る

ホームページ | instagram
ワインライフクリエイター/WEL'Lディレクター
神奈川県葉山町在住。ANAのCAとして7年間働いたのち、29歳でワインライフクリエイターとして独立。ワインがわからない人に向けてワインの知識と思考を噛み砕いて伝えている。固定観念にとらわれず、自分の価値観を大切にしてほしいという想いをワインを通じて発信している。
2018年春に葉山森戸海岸近くに「衣食住と学び」をコンセプトとしたライフスタイルショップWEL’Lをオープン。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.