ワインと合うパンがコンセプトの「シニフィアン・シニフィエ」

はじめに


先日、パン界のカリスマといわれる志賀勝栄氏のお店「シニフィアン・シニフィエ」に行ってきました。

「シニフィアン・シニフィエ」と言えば、パン業界では知らない人のいないパン職人、志賀勝栄シェフのお店です。パンのお供に美味しいワインやチーズも取り扱っていて、パンとのマリアージュを楽しむイベントも不定期で開催しているそうです。

ワインに合うパン


今回購入したパンは、お店の看板である「バケット・プラタヌ」と「パン オ ノア」です。「バケット・プラタヌ」は、志賀シェフのスぺシャリテ・低温長時間発酵のバゲットで、口に入れる前から、小麦の豊かな香りがします。そんな香りの余韻に浸りながら、ひと切れ口に含むと、思わず笑顔がこぼれてしまいました。まさに傑作と呼ぶべき逸品です。ザクッとした皮の食感、噛みしめるほどに深い味わいです。

「パン オ ノア」はクルミとピーカンナッツの2種類のナッツ、こちらは赤ワインにピッタリです!もうひとつ「パン オ ヴァン」という、ナッツとドライフルーツ、赤ワインのフルーティーな香りのするパンがあるんですが、フルボディの赤ワインにぴったりだそうです!

こちらは、数量限定の「気まぐれパン」です。今回はクルミのパンに、湘南ゴールド(柑橘)の自家製ジャムをはさんだプティパン、ナッツの香ばしさと、柑橘の風味が爽やか!湘南ゴールドのジャムが凄く美味しかったです。

おわりに


「シニフィアン・シニフィエ」は、ハードパンと赤ワインのマリアージュが楽しめるお店。この2つは本当によく合うし、チーズも加えて気軽にワインとつまみを楽しめる貴重な店なので、ワイン好きの人は、ぜひ一度食べてみてください。本当にお薦めです。

シニフィアン・シニフィエ
〒154-0002
東京都世田谷区下馬2-43-11
COMS SHIMOUMA 1F
http://www.signifiantsignifie.com/
TEL/FAX 03-3422-0030

TAGS

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.