1秒で1年熟成?ワインの鍵こと「クレ・デュ・ヴァン」を試してみた。

はじめに


「クレ・デュ・ヴァン」とは、ワインの数年後の熟成した状態の味を確かめることができる魔法のアイテムなんですが....なんと、その熟成スピードは1秒浸すと1年熟成というもの....。

1秒浸してで1年熟成です。これは非常に怪しいと感じたので、早速クレ・デュ・ヴァンを試してみました。

ちなみに「クレ・デュ・ヴァン」とは、フランス語で「ワインの鍵」という意味で、ワインが持つ熟成の可能性の謎を解く鍵という意味で付けられたそうです。

クレ・デュ・ヴァンの可能性


今回使用するワインは、2012年の「Faugeres Chateau Chabbert」。このワインを3年熟成させた時にどのような味に変化するのでしょうか?

本当にクレ・デュ・ヴァンを浸けるだけで味が変化するのでしょうか?...早速試してみます。まずはグラスに注いだワインの味を、記憶に留めておきます。はい。結構渋めです。

その後に、クレ・デュ・ヴァンのパスティーユ(銅色の円形部分)を3秒浸してみました。

半信半疑の中、ひと口飲んでみると…。

確かに味が変化していました。クレ・デュ・ヴァンを3秒くらい浸したんですが、渋味が取れてまろやかになっていたんです。本当に味が変わるんですね...疑ってすいませんでした。

今回、商品を貸していただいたWACさんいわく、発売から10年近く経つ今も、玄人の方々には人気のアイテムだそうです。こういうマニアックな商品は、確かに玄人ウケしそうですし、ギフトに最適ですよね。

どうして味が変わるのか?


味が変わるヒントは銅色の円形部分、パスティーユと呼ばれるところにあるそうです。

金・銀・銅を科学的に配合したパスティーユが、ワインの分子構造に変化を与えることにより、香りの要素やタンニンの成分にも影響し、結果的に通常よりも早い酸化を促しています。

また、クレ・デュ・ヴァンの安全性については問題なく、パスティーユをワインに浸しても、金属成分等がワインに溶け出すということはありません。

実際にフランスの国立試験所(LNE)で実験を行った結果、ワインに10日間浸し続けても、金属成分等が溶け出すということは全くなかったという実験結果が出ています。

ご注意・クレ・デュ・ヴァンは悪いワインを良いワインに変えることは出来ません。ワインそのものを熟成させるわけではありません。また、ワインを美味しくするアイテムではありません。あくまでも数年後のワインの状態を測定する器具としてお使い下さい。

おわりに


いかがでしたか?

クレ・デュ・ヴァンはワインの種類や産地によって効果は異なりますので、様々な種類のワインをお試ししてみてはいかがでしょうか?

使い方や楽しみ方は十人十色の画期的なアイテムです。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.