リーデル×cocotiのシャンパングラス・テイスティングセミナーへ行ってきました!


1756年創業の名門ワイングラスブランド『リーデル』と渋谷から豊かなライフスタイルの発信を行う複合施設『cocoti』のコラボレーションイベントとして、リーデルの新作シャンパングラスを使用したグラス・テイスティング・セミナーが開催されましたので、参加してきました。

『リーデル』のグラスは家ワインでも、お届けしたワインを最高のグラスでお楽しみいただくために、定期購入をお申し込みいただいた方全員にプレゼントしています。

今回のセミナーは応募者1300名以上から抽選で60名が選ばれたとのことで、非常にラッキーです!

会場は渋谷駅出口からすぐの『cocoti』内にあるレストラン「GREEN GRILL」。


セミナー講師は、家ワインのインタビューにもご登場いただいたリーデル社のグラス・エデュケイター、庄司さんです。


リーデルの<ヴェリタス>シリーズの新作シャンパーニュ・ワイン・グラスについて、その特徴を詳しく教えていただきました。

従来、シャンパンを飲む際には、細かく立ち上る泡を楽しむために長細いフルート型のグラスが使用されてきましたが、最近では、より香りや味わいを楽しむためには白ワインを飲むときのような卵型のグラスが最適とされているそうです。

シャンパンを表現する際に必ず言われる「焼きたてのブリオッシュの香り」。
これは炭酸ガスを発生させる瓶内二次発酵のために添加する酵母の香りなんだそうですが、フルート型のグラスでは果実や花のフルーティーな香りが全面に出てきていたのに比べて、卵型のグラスではイースト菌のような「パンの香り」をはっきりと感じることができました。


<ヴェリタス>ではグラス内側中央にスパークリング・ポイントという微小なキズが付けられており、そこから細かい泡が立ち上ってきます。


とても脚が細く飲みくちも薄い繊細なグラスで、リーデルマシンメイド史上最軽量だそうです。


講習の後は「GREEN GRILL」の新鮮なこだわり野菜を使ったオリジナルフィンガーフードをつまみながらテイスティングタイム。




グラスはセミナー後、そのまま参加者全員にプレゼントされました。
これはなんと『cocoti』さんのはからいなんだそうです。太っ腹~!

庄司さん「新作シャンパーニュ・グラス、ぜひお試しくださいね!」


<ヴェリタス> シャンパーニュ・ワイン・グラス
詳しくはこちら

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.