シャンパンのコルクと針金にデザインされたテーブル&チェア

ワイン好きにはたまらない素敵な家具をご紹介!

シャンパンにかぶさっている王冠と針金でミニチュアの椅子や馬が作れますが、こちらはコルク&針金で作られた人間サイズのテーブル&チェアです。

まさに、巨大なボトルから抜栓したコルクのようなジャンボサイズ…リビングに置いているだけでインパクトありますよね。

昨年まで、このデザインの家具は国内で取り扱いがありませんでした。しかし、今年からWACさんにて「ビート コルク シリーズ」を取り扱っていました。
※TOPのイメージと針金の色と印字が異なります。

ビートコルクシリーズのシャンパンの王冠と針金をデザインしたタイプは、座面は少し高め(55センチ)ですが、直径が広い(390mm)ので安定して座ることが出来ます。針金テーブルとしても利用でき、複数個を重ねて収納出来るので、パーティーや急な来客、もちろん普段使いにもオススメです。

ワインコルクの形をしたタイプは、底面にはゴムのクッションが付いているので床や本体にもキズが付きにくくなっています。

このユニークなインテリアは、バルセロナに拠点をおくメキシコの女性デザイナー「Mini Garibay」さんと、スペインの家具メーカー「Beat Collection」のコラボで生まれました。素材はポルトガルで収穫した100%のコルクパネルから作られていますので、ホルムアルデヒドなどの放散がなく、環境にも優しい家具です。

ビート コルク シリーズ

TAGS

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.