保存器具がなくてもできる!飲み残したワインを翌日も美味しく飲む方法

はじめに


ワインは「一度開けたからと言って、その日のうちに飲んでしまわなければいけない」という事はありません。

また、「ワインは保存器具を使わなければ保存できない」と思っていたり、「ワインセラーで保存しなければいけない」など、ワインに対するハードルを自ら上げているように感じます。実際はそのような事はなく、もっと自由にワインを楽しんでいいんです。

コーヒーも焙煎後は酸化し風味が損なわれていくため、本来は真空状態で保存した方がいいんですが、そこまで拘っている方は少ないと思います。ワインも気軽に考えていいんです。

という事で、今回は、ワインビギナーの方のために、保存器具がなくても出来る!飲み残したワインを翌日も美味しく飲む方法についてご紹介します。

自宅で出来る簡単保存方法


スパークリングワインの場合は炭酸が抜けてしまうため、保存器具を持っていない場合はその日のうちに飲んでしまうことがベストですが、ワインはそうとは限りません。

また、高級なワインや熟成させたいワインであれば、保存場所や温度、湿度など色々な事に気を付けなければいけませんが、2、3日で飲んでしまうようなデイリーワインであれば、これから紹介する方法でも構いません。

例えば、ボトル半分くらい飲んで保存したい場合は、350mや500mのペットボトルに移し替えれば、1週間くらいは持ちます。ただし、長く保存したい場合はやはり空気は少ない方がいいので、ペットボトル内の空気は出来るだけ少ない状態にして下さい。

また、翌日や翌々日で飲みきってしまうのであれば、コルクを差しこむだけでも構いません。スクリューキャップの場合は、そのままスクリューキャップで保存ですね。

コルクの場合はラップでコルクを包んでから、ボトルに押し込むと更に効果があります。ラップでコルクを包むだけで、ボトルとコルクのより密着しワインの品質をキープする事が出来るので、保存器具をお持ちでない方はこの方法をお薦めします。

このように、ボトルに栓をするか、移し替えるなどして、冷蔵庫に入れておけば1週間程度、酸素に触れにくいボックスワインであれば1ヶ月程度は楽しめるんです。

数日置いた方が美味しくなる場合もある


渋味の強い赤ワインは、空気に触れさせた方が飲みやすくなりますし、数日置いた方が飲みやすくなっていたというケースもあります。

高級なワインであれば、1週間以上にわたって香りを楽しむという事もしますし、これは私の経験ですが、バローロを抜栓後に1週間以上かけて飲みましたが、最後は円熟味が出て奥深い味わいになっていました。

ワインはこういう楽しさがあるのがまたいいですよね。

さいごに


いかがでしたか?

このように、開けてすぐに飲まなければいけないという事はないので、自分のペースでワインを楽しんでみてください。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.