白だけじゃない!赤も凄いぞ!ファミリーマートのワイン

はじめに


今回は前回と同じくファミリーマートのボルドーワインを紹介させていただきます。

2012 Fort du Mirail
2012 フォール・デュ・ミライユ

ボルドーの赤ワインと言えばカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローと言った品種が有名ですね。もちろんこのワインもそれらの品種を使用して造られる正真正銘のボルドーワインです。

クオリティの高さ


「白ワインを紹介したから、その流れで赤ワインも紹介ですか?」

そんな声も聞こえてくるようですが、別にそんな消極的、後ろ向きな理由でこのワインを選んだ訳ではありません。コラムに書きたくなるようなクオリティを持っているワインだと確信したので、白ワインに続いて赤ワインもオススメしています。

前回も書いた通りボルドーと言う産地はネームバリューがありつつ、コスパの良いものも多々あって生産量の多い産地。少し探せば安くて良いものは沢山ありますが、小売価格で税込1080円となれば話は変わってきます。

正直、この価格でここまでの高品質のワインはお目にかかったことがない、と言うのが筆者の偽らざる本音です。

テイスティング


色合いは艶やかなガーネット、黒みがかった濃いめの紅色です。しっかりした色調で輝きがあります。高級感を感じさせてくれる色合いですね。

香りは複数の品種(カベルネ、メルロー)をブレンドしたことによる多様性と石のようなミネラル感。メルローの香りを前面に感じるのでブレンド比率はカベルネよりメルローが多そうです。

味わいはスムースなタンニンとメルローから来るいい意味での土っぽさ。黒系果実のコクがありますが強過ぎず、スルスル飲める優しい味わいです。

ちなみに「土っぽさ」というのは、ある特定の食材との好相性に一役も二役も買って出てくれる重要な要素です。

和食で言えばタレやツメを使ったもの、それ以外でも根菜を使ったものやキノコ類を使ったものと非常に寄り添います。例えば、穴子の煮付けやきんぴらごぼうと好相性を見せてくれることは容易に想像が付きます。嬉しいことにきんぴらごぼうならコンビニでも買えますしね。

コンビニでマリアージュ


フランスなどヨーロッパならマルシェでフレッシュなチーズを買ってワインと合わせます…そういう風景ってすごく憧れたりしますけど、日本だって負けてはいませんね。

コンビニで買ったワインにコンビニで買ったお惣菜を合わせる。これだってれっきとした日本独自のワイン文化、ヨーロッパに決して引けを取らないステキなワインの楽しみ方だと思います。

もちろんこのワインならチーズにだってOKです。

ちなみに筆者はファミマでこのワインと「カルビー厚切りポテリッチ濃厚うま塩味」を買いましたが、かなり良い具合にマリアージュしています。

シャンピニオンとポルチーニの濃厚なフレイバーのポテトチップスなので、それがこのメルローの比率の高いワインに合う要素みたいです。ジャガイモも土っぽさのある食材ですしね。

B級グルメを気取っている訳ではないのですが、こんなに気軽に楽しく飲めて本当に嬉しいです。

おわりに


このワインの産地のボルドーがすごいのは当然ですが、このワインを企画した会社とその人達、そういういろいろな人の思いが一つになりそれが相乗効果となって出来たワインが自分の手元にある...そう考えればなんだか非常に感慨深いものです。

芸術作品ではないので、こう言ったものは決して1人や2人の力では生み出されません。

もう一度、こういうワインが飲めるこの国のワイン文化に乾杯!

2012 Fort du Mirail
参考小売価格 \1000(税抜)

TAGS

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.