白だけじゃない!赤も凄いぞ!ファミリーマートのワイン

はじめに


今回は前回と同じくファミリーマートのボルドーワインを紹介させていただきます。

2012 Fort du Mirail
2012 フォール・デュ・ミライユ

ボルドーの赤ワインと言えばカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローと言った品種が有名ですね。もちろんこのワインもそれらの品種を使用して造られる正真正銘のボルドーワインです。

クオリティの高さ


「白ワインを紹介したから、その流れで赤ワインも紹介ですか?」

そんな声も聞こえてくるようですが、別にそんな消極的、後ろ向きな理由でこのワインを選んだ訳ではありません。コラムに書きたくなるようなクオリティを持っているワインだと確信したので、白ワインに続いて赤ワインもオススメしています。

前回も書いた通りボルドーと言う産地はネームバリューがありつつ、コスパの良いものも多々あって生産量の多い産地。少し探せば安くて良いものは沢山ありますが、小売価格で税込1080円となれば話は変わってきます。

正直、この価格でここまでの高品質のワインはお目にかかったことがない、と言うのが筆者の偽らざる本音です。

テイスティング


色合いは艶やかなガーネット、黒みがかった濃いめの紅色です。しっかりした色調で輝きがあります。高級感を感じさせてくれる色合いですね。

香りは複数の品種(カベルネ、メルロー)をブレンドしたことによる多様性と石のようなミネラル感。メルローの香りを前面に感じるのでブレンド比率はカベルネよりメルローが多そうです。

味わいはスムースなタンニンとメルローから来るいい意味での土っぽさ。黒系果実のコクがありますが強過ぎず、スルスル飲める優しい味わいです。

ちなみに「土っぽさ」というのは、ある特定の食材との好相性に一役も二役も買って出てくれる重要な要素です。

和食で言えばタレやツメを使ったもの、それ以外でも根菜を使ったものやキノコ類を使ったものと非常に寄り添います。例えば、穴子の煮付けやきんぴらごぼうと好相性を見せてくれることは容易に想像が付きます。嬉しいことにきんぴらごぼうならコンビニでも買えますしね。

コンビニでマリアージュ


フランスなどヨーロッパならマルシェでフレッシュなチーズを買ってワインと合わせます…そういう風景ってすごく憧れたりしますけど、日本だって負けてはいませんね。

コンビニで買ったワインにコンビニで買ったお惣菜を合わせる。これだってれっきとした日本独自のワイン文化、ヨーロッパに決して引けを取らないステキなワインの楽しみ方だと思います。

もちろんこのワインならチーズにだってOKです。

ちなみに筆者はファミマでこのワインと「カルビー厚切りポテリッチ濃厚うま塩味」を買いましたが、かなり良い具合にマリアージュしています。

シャンピニオンとポルチーニの濃厚なフレイバーのポテトチップスなので、それがこのメルローの比率の高いワインに合う要素みたいです。ジャガイモも土っぽさのある食材ですしね。

B級グルメを気取っている訳ではないのですが、こんなに気軽に楽しく飲めて本当に嬉しいです。

おわりに


このワインの産地のボルドーがすごいのは当然ですが、このワインを企画した会社とその人達、そういういろいろな人の思いが一つになりそれが相乗効果となって出来たワインが自分の手元にある...そう考えればなんだか非常に感慨深いものです。

芸術作品ではないので、こう言ったものは決して1人や2人の力では生み出されません。

もう一度、こういうワインが飲めるこの国のワイン文化に乾杯!

2012 Fort du Mirail
参考小売価格 \1000(税抜)

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.