エレガント感を残したカジュアルグラス!ステムなしワイングラスのススメ

はじめに


はじめまして、このたび家ワインライターの仲間入りをしました高木秧(たかぎなえ)です。よろしくお願いします。

ところで、みなさんは普段、どんなグラスでワインを楽しんでいますか?ブルゴーニュワイン用、シャンパン用と、飲むワインごとグラスを変えるこだわり派の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ワイングラスのお手入れや保管場所など、家飲み派には悩みどころですが、お手入れが楽だからといって湯飲みやコップでワインを飲んでしまっては、せっかくのワインタイムが残念な感じになってしまいます。

そこで、今回ご紹介したいのが「ステムなしワイングラス」。カジュアルさがありながら、ワインのエレガントな雰囲気も損ねないとても優秀なグラスです。

ステムなしワイングラスとは?


ステムとはワイングラスの脚の部分で、「ステムなしワイングラス」というのは、脚のないタイプのワイングラスのことです。

「あれ?ただのコップじゃない?」と思われるかもしれませんが、ワイングラスの名門ブランド「リーデル」にもステムなしタイプのシリーズがあります。ちなみに、今なら家ワインの定期購入入会特典としてプレゼントされているグラスなんです。

丈夫で安価なソーダガラスではなく、クリスタルガラスを使用していれば、「ただのコップ」感はありません。その上曲線が美しいものが多いため、上品なワイングラス感は健在です。程よいエレガント感を残したカジュアルな雰囲気を演出でき、家飲みにはピッタリのグラスです。

気楽なテイスティング


注いだばかりのワインの色は、ワインの最初の楽しみです。ステムなしグラスは視界を遮るものがありません。360度どの角度からも色合いをチェックできます。

本格的なテイスティングでは白い布を当てたりすることもあるようですが、ステムなしグラスはグラスを明るい光に当てて、上下左右透かして見るだけで微妙な色合いを見ることができます。

また、ワインの香りを立たせるためにスワリングする方も多いと思います。しかし、ワイングラスをソムリエのようにくるくる回すのは、簡単なようで実はちょっと難しくありませんか?

回す力がステムの方に逃げてしまってうまく回せず、ワイン液をこぼしたり、ステムをテーブルにぶつけて折ってしまったりしたという話も時々聞きます。

ステムなしグラスはそのような心配は一切なく、グラスを回す力を微妙にコントロールできるので、気軽にテイスティングすることができます。テイスティングノートを付けている人にもおすすめです。

場所を取らないのが一番のウリ


写真のグラスは、RCR社のアルテアシリーズのものです。形がユニークながら、薄手のガラスは繊細でエレガントな雰囲気があります。下が膨らんでいるので香りが留まりやすいところも魅力です。

上記でも触れましたが、リーデル社にも「リーデル・オー」というステムなしタイプのシリーズがあります。フォルムの美しさ、グラスの透明感はお墨付き。いつまでも眺めていたい美しさです。

どちらも軽くて持ちやすいため、手の温度でワインを温めてしまう心配がありません。そして、ステムなしグラス一番のウリは、なんといっても場所をとらないこと。

通常のワイングラスは25cm前後あり、2脚だけでもかなりの場所をとります。ステムなしグラスは高さ10cm前後ですから、場所をとらず、箱に入れておけば重ねられます。グラスが増えても収納の心配が少ないので、ついつい買い足してしまいそうですね。

おわりに


梅雨明け後は本格的に暑い夏がやってきますね。夏はアウトドアでキーンと冷えた白ワインやスパークリングワインを飲みたいものです。

そんなときもステムなしワイングラスは大活躍。おいしいワインと気楽なグラスで、ワインで楽しむ夏の準備を始めましょう!

もっと、主体的にワインを選びたい…。私は常々そう思っていますし、多くの人が同じ思いを抱いているのではないでしょうか。家飲みライフがより楽しくなるようなコラムをお届けしたいと思っています。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.