エレガント感を残したカジュアルグラス!ステムなしワイングラスのススメ

みなさんは普段、どんなグラスでワインを楽しんでいますか?ブルゴーニュワイン用、シャンパン用と、飲むワイン毎にグラスを変えるこだわり派の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ワイングラスのお手入れや保管場所など、家飲み派には悩みどころですが、お手入れが楽だからといって湯飲みやコップでワインを飲んでしまっては、せっかくのワインタイムが残念な感じになってしまいます。

そこで、今回ご紹介したいのが「ステムなしワイングラス」。カジュアルさがありながら、ワインのエレガントな雰囲気も損ねないとても優秀なグラスです。

ステムなしワイングラスとは?

ステムとはワイングラスの脚の部分で、「ステムなしワイングラス」というのは、脚のないタイプのワイングラスのことです。

「あれ?ただのコップじゃない?」と思われるかもしれませんが、ワイングラスの名門ブランド「リーデル」にもステムなしタイプのシリーズがあります。丈夫で安価なソーダガラスではなく、クリスタルガラスを使用していれば、「ただのコップ」感はありません。その上曲線が美しいものが多いため、上品なワイングラス感は健在です。程よいエレガント感を残したカジュアルな雰囲気を演出でき、家飲みにはピッタリのグラスです。

気楽なテイスティング

注いだばかりのワインの色は、ワインの最初の楽しみです。ステムなしグラスは視界を遮るものがありません。360度どの角度からも色合いをチェックできます。

本格的なテイスティングでは白い布を当てたりすることもあるようですが、ステムなしグラスはグラスを明るい光に当てて、上下左右透かして見るだけで微妙な色合いを見ることができます。

また、ワインの香りを立たせるためにスワリングする方も多いと思います。しかし、ワイングラスをソムリエのようにくるくる回すのは、簡単なようで実はちょっと難しくありませんか?

回す力がステムの方に逃げてしまってうまく回せず、ワインをこぼしたり、ステムをテーブルにぶつけて折ってしまったりしたという話も時々聞きます。

ステムなしグラスはそのような心配は一切なく、グラスを回す力を微妙にコントロールできるので、気軽にテイスティングすることができます。テイスティングノートを付けている人にもおすすめです。

場所を取らないのが一番のウリ

写真のグラスは、RCR社のアルテアシリーズのものです。形がユニークながら、薄手のガラスは繊細でエレガントな雰囲気があります。下が膨らんでいるので香りが留まりやすいところも魅力です。

上記でも触れましたが、リーデル社にも「リーデル・オー」というステムなしタイプのシリーズがあります。フォルムの美しさ、グラスの透明感はお墨付き。いつまでも眺めていたい美しさです。

どちらも軽くて持ちやすいため、手の温度でワインを温めてしまう心配がありません。そして、ステムなしグラス一番のウリは、なんといっても場所をとらないこと。

通常のワイングラスは25cm前後あり、2脚だけでもかなりの場所をとります。ステムなしグラスは高さ10cm前後ですから、場所をとらず、箱に入れておけば重ねられます。グラスが増えても収納の心配が少ないので、ついつい買い足してしまいそうですね。

おわりに

いかがでしたか?ステム無しのグラスはコンパクトなので持ち運びが便利なため、アウトドアでも活躍してくれます。外でキーンと冷えた白ワインやスパークリングワインを飲みたいものです。おいしいワインと気楽なグラスで、ワインを存分に楽しむ準備を始めましょう!

Riedel (リーデル)
リーデル (RIEDEL) リーデル・オー リースリング/ソーヴィニヨン 375ml 2個セット 414/15
Amazonで見る

※赤白兼用タイプです。

アデリア
アデリア 割れにくい ワインタンブラー M 3個セット 食洗機対応 イオンプロテクト 8581
Amazonで見る

もっと、主体的にワインを選びたい…。私は常々そう思っていますし、多くの人が同じ思いを抱いているのではないでしょうか。家飲みライフがより楽しくなるようなコラムをお届けしたいと思っています。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.