セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート」をテイスティング!

今、プライベートブランドのワインが注目を浴びています。プライベートブランドの影響で、ワインを飲み慣れない層が気軽に手に取るようになり、全体的なワイン需要が底上げされているだとか...。

また、イオン・トップバリュでは、リゴルエクセレンシア ブリュットが980円という価格にも関わらず、SAKURAワインアワードにて金賞を受賞...今や「プライベートブランド=美味しくない」というイメージは払拭した方が良いかもしれません。

という事で、前回のファミリーマートに続いて、今回もプライベートブランドのワインを小野沢さんにテイスティングしていただきました。

今回は、イトーヨーカドーで販売していた「セブン&アイ限定のオーストラリアワイン」に注目!全ての店舗ではありませんが、一部セブンイレブンでも販売されているワインです。

※前回のファミリーマートの記事は「ファミリーマートのワイン「フォール・デュ・ミライユ」をテイスティング!」にてご確認ください。

飲み比べるワインはこちら



【品名】:コッパーエステート(白)
【産地】:オーストラリア
【価格】:494円(税込)
【品種】: -

【品名】:コッパーエステート(赤)
【産地】:オーストラリア
【価格】:494円(税込)
【品種】:-


販売されていたイトーヨーカドーでは、オーストラリアとの関税撤廃で、この価格で供給できるようになったと宣伝されていました。関税撤廃でコストパーフォーマンスが高いワインと言えばチリですが、オーストラリアも今後は、コストパーフォマンスが高いワインが増えてくるんでしょうか?

テイスティングスタート


-それでは、小野沢さんにテイスティングを行っていただきます。

COPPER ESTATE 白ワイン


色合いは、淡いクリアな感じですね。意外に粘性が強いです。まだ飲んでいないので、なんとも言えませんが、もしかすると甘口なのかもしれません。アルコールは10.2%しかないので、思いっきり低いので、甘さからくる粘性だと思われます。

(香りを嗅いで)・・・香りはマスカットのような香りと甘い香りがします。

(ひと口飲んで)・・・やはり若干甘口ですね。今常温で飲んでますが、キリッと冷やして飲むとスルスル飲めると思います。外飲みにもいいし、少し甘いけど、料理には合わせやすいと思いますよ。

酸も穏やかだし、酸は暖かい方が強くなるんですが、常温でも酸が非常に穏やかなので、冷やすと更に飲みやすくなると思います。

COPPER ESTATE 赤ワイン


意外にサラサラな感じではなく、適度なとろみがありますね。

色は透明感がすごくあり、さっきの白ワインと同じく甘さがあります。

(香りを嗅いで)・・・香りは少し焦げたような香りがします。さすがにこの金額で樽は使ってないと思いますが、香ばしい香りがありますね。

(ひと口飲んで)・・・今は常温で飲んでいますが、赤ワインも白ワインと同じく、冷やして飲んだ方が美味しいかもしれません。この価格に飲みやすさ以上のものを求める必要はないと思いますが、冷たいだけではなく、温度を上げてもちゃんと飲めるところは素晴らしいですね。

飲むとチョコレートっぽいニュアンスを感じます。また、フレッシュを感じる酸があって、ジュースのような感じですね。

おわりに


小野沢さんは「意外と驚いていますよ。コストパフォーマンス良いんじゃないですか?」とおっしゃってました。

今回ご紹介したワインは、どちらかというとワインが苦手な人向けなのかなと…そういう人でもゴクゴク飲めるワインじゃないかなと思います。まさに冒頭で話した「ワインを飲み慣れない層」に向けたワインですね。

コッパーエステートは3シリーズ6種類あり、今回4種類をテイスティングしていただいたので、次回はハイクラスの「コッパーエステート コレクション」をご紹介します。

TAGS

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.