ワインと合わない食材でもオリーブオイルをかければ変わる?

はじめに


ワインのおつまみに!と買ってきたはいいが、全く合わなかったという経験はありませんか?

皆さんも知っていると思いますが、ワインに合わない代表的な食材として上げられるのが「数の子」や「塩辛」です。赤ワインとあわせると、生臭さが口の中に広がって、それはもうひどい味ですよね。口を濯いでも当分匂いが取れませんでした。

さて、それら食材がなぜワインと合わないかを知っていますか?

原因はワインに含まれる鉄


メルシャンが行っている「生臭み」の研究によると、ワインに含まれる魚介類の「脂質」の酸化を促進し、生臭さを感じさせる匂い物質が作られるそうです。

一般的にワインに合わないとされる食材は、先ほどあげた、数の子や塩辛の他にも明太子、干物などがありますが、これらは魚介類が持つ脂質がワインの鉄と反応して鼻で感じる生臭い匂いを発するため、ワインと寄り添わなかったようです。

ワインと合わせるには?


これらの食材に何かを足してあげると、ワインと合うのでしょうか?

ワインと相性の良い料理の中でも、魚介類や甲殻類を使用した料理が圧倒的に多いことに気付きます。魚介類を使ったカルパッチョなどは、シンプルに生魚にオリーブオイルという組み合わせですがワインとの相性は抜群です。

メルシャンの研究によると、油分が加わることで生臭さを感じにくくなり、ワインと寄り添いやすくなるそうです。

カルパッチョに関しては、オリーブオイルがワインとの橋渡しになっていますし、シンプルに焼き魚には、レモンやオリーブオイルを使います。オリーブオイルやレモンは調味料としての役割以外に、生臭さを消す作用を自然と行っていたわけです。

おわりに


いかがでしたか?

ワインと寄り添わない食材には、オリーブオイルやレモンを使ってみてください。

また、日本産のワインは和食と合うと言われますが、特に甲州(ブドウ)から作られるワインには「鉄」が少ないことから、和食(寿司や刺身)と相性が良いそうです。

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.