ワインと合わない食材でもオリーブオイルをかければ変わる?

はじめに


ワインのおつまみに!と買ってきたはいいが、全く合わなかったという経験はありませんか?

皆さんも知っていると思いますが、ワインに合わない代表的な食材として上げられるのが「数の子」や「塩辛」です。赤ワインとあわせると、生臭さが口の中に広がって、それはもうひどい味ですよね。口を濯いでも当分匂いが取れませんでした。

さて、それら食材がなぜワインと合わないかを知っていますか?

原因はワインに含まれる鉄


メルシャンが行っている「生臭み」の研究によると、ワインに含まれる魚介類の「脂質」の酸化を促進し、生臭さを感じさせる匂い物質が作られるそうです。

一般的にワインに合わないとされる食材は、先ほどあげた、数の子や塩辛の他にも明太子、干物などがありますが、これらは魚介類が持つ脂質がワインの鉄と反応して鼻で感じる生臭い匂いを発するため、ワインと寄り添わなかったようです。

ワインと合わせるには?


これらの食材に何かを足してあげると、ワインと合うのでしょうか?

ワインと相性の良い料理の中でも、魚介類や甲殻類を使用した料理が圧倒的に多いことに気付きます。魚介類を使ったカルパッチョなどは、シンプルに生魚にオリーブオイルという組み合わせですがワインとの相性は抜群です。

メルシャンの研究によると、油分が加わることで生臭さを感じにくくなり、ワインと寄り添いやすくなるそうです。

カルパッチョに関しては、オリーブオイルがワインとの橋渡しになっていますし、シンプルに焼き魚には、レモンやオリーブオイルを使います。オリーブオイルやレモンは調味料としての役割以外に、生臭さを消す作用を自然と行っていたわけです。

おわりに


いかがでしたか?

ワインと寄り添わない食材には、オリーブオイルやレモンを使ってみてください。

また、日本産のワインは和食と合うと言われますが、特に甲州(ブドウ)から作られるワインには「鉄」が少ないことから、和食(寿司や刺身)と相性が良いそうです。

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.