セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート・コレクション」をテイスティング!

前回の「セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート」をテイスティング!」に続いて、今回もセブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート・コレクション」を小野沢さんにテイスティングしていただきました。

飲み比べるワインはこちら


【品名】:コッパーエステート・コレクション シャルドネ(白)
【産地】:オーストラリア
【価格】:861円(税込)
【品種】:シャルドネ

【品名】:コッパーエステート・コレクション カベルネ・ソーヴィニヨン(赤)
【産地】:オーストラリア
【価格】:861円(税込)
【品種】:カベルネ・ソーヴィニヨン


テイスティングスタート


-それでは、小野沢さんにテイスティングを行っていただきます。

コッパーエステート・コレクション シャルドネ


コッパーエステートとは明らかに色が違いますね。思いっきりワインらしくなりました。

コッパーエステートと比較しても、色も濃く、粘性の高さも「更に」という感じです。コッパーエステートの粘性は糖分によるだと思いますが、こちらのワインはアルコール度数も13%あるので、立派にこのアルコールを得られるだけの熟度があるという事です。

(香りを嗅いで)・・・コッパーエステートのような甘やかな感じはなく、しっかりとシャルドネのワインですね。

(ひと口飲んで)・・・飲むと樽の味がします…。これは推測ですが、オークチップや木の削りカスを香り付けで使っているんじゃないでしょうか。法律でもその手法は問題ないので。そして、ほのかに木の香りがします。

料理はなんでも合いますね。あまり気にする必要はないと思いますよ。スーパーやコンビニで販売している惣菜などにも良さそうです。

コッパーエステート・コレクション カベルネ・ソーヴィニヨン


カベルネ・ソーヴィニヨンと書いているわりには、淡いというか、透明感があります。グラス越しに向こうが見えますし。そして脚は長いですね。そして粘性は凄いです。

(香りを嗅いで)・・・香りはカベルネ・ソーヴィニヨン特有の煙草っぽい、スギっぽい香りがシッカリとします。

(ひと口飲んで)・・・ちょっと果実が勝った感じですが、カベルネ・ソーヴィニヨンの芯がしっかりとしています。ほんの少しだけ甘いニュアンスがあるかもしれませんが、お惣菜とかにも合わせやすいと思います。

白ワイン同様、スーパーやコンビニで売られているだけありますね。合わせるおつまみや料理に困ることなく、どんなものとも寄り添うワインというのは素晴らしいことです。

おわりに


小野沢さんが「これで800円代か~」とそのコスパに驚いていました。一番最初に飲んだコッパーエステートと比較すると、圧倒的にこちらの方がワインらしいワインで、ワインが好きな人が楽しむワイン、との事です。

このワインも美味しくいただきました。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.