セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート・コレクション」をテイスティング!

前回の「セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート」をテイスティング!」に続いて、今回もセブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート・コレクション」を小野沢さんにテイスティングしていただきました。

飲み比べるワインはこちら


【品名】:コッパーエステート・コレクション シャルドネ(白)
【産地】:オーストラリア
【価格】:861円(税込)
【品種】:シャルドネ

【品名】:コッパーエステート・コレクション カベルネ・ソーヴィニヨン(赤)
【産地】:オーストラリア
【価格】:861円(税込)
【品種】:カベルネ・ソーヴィニヨン


テイスティングスタート


-それでは、小野沢さんにテイスティングを行っていただきます。

コッパーエステート・コレクション シャルドネ


コッパーエステートとは明らかに色が違いますね。思いっきりワインらしくなりました。

コッパーエステートと比較しても、色も濃く、粘性の高さも「更に」という感じです。コッパーエステートの粘性は糖分によるだと思いますが、こちらのワインはアルコール度数も13%あるので、立派にこのアルコールを得られるだけの熟度があるという事です。

(香りを嗅いで)・・・コッパーエステートのような甘やかな感じはなく、しっかりとシャルドネのワインですね。

(ひと口飲んで)・・・飲むと樽の味がします…。これは推測ですが、オークチップや木の削りカスを香り付けで使っているんじゃないでしょうか。法律でもその手法は問題ないので。そして、ほのかに木の香りがします。

料理はなんでも合いますね。あまり気にする必要はないと思いますよ。スーパーやコンビニで販売している惣菜などにも良さそうです。

コッパーエステート・コレクション カベルネ・ソーヴィニヨン


カベルネ・ソーヴィニヨンと書いているわりには、淡いというか、透明感があります。グラス越しに向こうが見えますし。そして脚は長いですね。そして粘性は凄いです。

(香りを嗅いで)・・・香りはカベルネ・ソーヴィニヨン特有の煙草っぽい、スギっぽい香りがシッカリとします。

(ひと口飲んで)・・・ちょっと果実が勝った感じですが、カベルネ・ソーヴィニヨンの芯がしっかりとしています。ほんの少しだけ甘いニュアンスがあるかもしれませんが、お惣菜とかにも合わせやすいと思います。

白ワイン同様、スーパーやコンビニで売られているだけありますね。合わせるおつまみや料理に困ることなく、どんなものとも寄り添うワインというのは素晴らしいことです。

おわりに


小野沢さんが「これで800円代か~」とそのコスパに驚いていました。一番最初に飲んだコッパーエステートと比較すると、圧倒的にこちらの方がワインらしいワインで、ワインが好きな人が楽しむワイン、との事です。

このワインも美味しくいただきました。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.