セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート・コレクション」をテイスティング!

前回の「セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート」をテイスティング!」に続いて、今回もセブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート・コレクション」を小野沢さんにテイスティングしていただきました。

飲み比べるワインはこちら


【品名】:コッパーエステート・コレクション シャルドネ(白)
【産地】:オーストラリア
【価格】:861円(税込)
【品種】:シャルドネ

【品名】:コッパーエステート・コレクション カベルネ・ソーヴィニヨン(赤)
【産地】:オーストラリア
【価格】:861円(税込)
【品種】:カベルネ・ソーヴィニヨン


テイスティングスタート


-それでは、小野沢さんにテイスティングを行っていただきます。

コッパーエステート・コレクション シャルドネ


コッパーエステートとは明らかに色が違いますね。思いっきりワインらしくなりました。

コッパーエステートと比較しても、色も濃く、粘性の高さも「更に」という感じです。コッパーエステートの粘性は糖分によるだと思いますが、こちらのワインはアルコール度数も13%あるので、立派にこのアルコールを得られるだけの熟度があるという事です。

(香りを嗅いで)・・・コッパーエステートのような甘やかな感じはなく、しっかりとシャルドネのワインですね。

(ひと口飲んで)・・・飲むと樽の味がします…。これは推測ですが、オークチップや木の削りカスを香り付けで使っているんじゃないでしょうか。法律でもその手法は問題ないので。そして、ほのかに木の香りがします。

料理はなんでも合いますね。あまり気にする必要はないと思いますよ。スーパーやコンビニで販売している惣菜などにも良さそうです。

コッパーエステート・コレクション カベルネ・ソーヴィニヨン


カベルネ・ソーヴィニヨンと書いているわりには、淡いというか、透明感があります。グラス越しに向こうが見えますし。そして脚は長いですね。そして粘性は凄いです。

(香りを嗅いで)・・・香りはカベルネ・ソーヴィニヨン特有の煙草っぽい、スギっぽい香りがシッカリとします。

(ひと口飲んで)・・・ちょっと果実が勝った感じですが、カベルネ・ソーヴィニヨンの芯がしっかりとしています。ほんの少しだけ甘いニュアンスがあるかもしれませんが、お惣菜とかにも合わせやすいと思います。

白ワイン同様、スーパーやコンビニで売られているだけありますね。合わせるおつまみや料理に困ることなく、どんなものとも寄り添うワインというのは素晴らしいことです。

おわりに


小野沢さんが「これで800円代か~」とそのコスパに驚いていました。一番最初に飲んだコッパーエステートと比較すると、圧倒的にこちらの方がワインらしいワインで、ワインが好きな人が楽しむワイン、との事です。

このワインも美味しくいただきました。

TAGS

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.